RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 英霊と伊豆の満月と | main | 秋の空にヤマトタケル像 >>
ユー・マイト・シンク・アイム・フーリッシュ?
0

    9月17日    晴れ    起床6時半

     

    朝食    ゴーヤとウインナー炒め

          トマト・サラダ

          牛乳

     

    昨日は午後3時半小松に到着。

    そのままマッツの勤務に。

    三日連続のイベントやら、色々あって、高橋君も出勤。

     

    イベントが終了したのは11時過ぎ。

    大量に出たゴミの始末、翌日の確認やらを二人で。

    クタクタになったが、預けていた自転車に乗り、寝静ま

    った街を駆け、帰宅した。

     

    母は起きて待っていた。

    伊豆の家族のことやら、靖国のことを報告。

    そうこうしてる内に眠気が飛び、ミステリを読む事に。

     

    本を読み進むと、何か部屋が埃っぽい気がして来た。

    「こりゃ、明日起きて、掃除やな」

    なんて考えてたら眠くなり、本を閉じた。

     

    ー 僕の勝手な「保守」の定義 −

     

    エドムンド・バークが「保守」を確立した。

    まあ、そういう事だけど。

    彼は、「人間は不完全なものだ」と定義した。

    だから間違えるし、あてにならないと。

     

    よって、物事は少しづつ改革していかねばならない。

    まあ、実に分かりやすい。

     

    「保守」は、意外だけど新しい。

    僕はナウイと思ってる。

     

    米国では「保守」イコール「馬鹿」の時代が長く続いた。

    レーガンの出現で初めて「保守」が国民に認知されたら

    しい。日本でも、米国でも、左翼が全体を覆っていた。

     

    僕のような「出鱈目」はそもそも「保守」が合う。

    僕なら「人間はそもそも出鱈目な生き物である」と定義

    する。

     

    だから、ロックは「リベラル」でも「パターナル」でも

    なく、正に「保守」そのものだ。

     

    日本の「リベラル」は「リベラル」ではなく、古臭い共産

    主義だと思えばいい。「リベラル」は、もっと他人には寛

    容なはずだ。

     

    日本の左派は「パターナル」な強要主義だ。

    他派をクソミソに云って満足する、不教養な輩だ。

     

    で。

     

    リック・オケイシックが亡くなった。

     

    カーズ大好き。

    あの伝説のミュージック・ビデオ「ユー・マイト・シンク」

    の主人公「ハエ・ぼんぼ男」がリック。

    美女に付きまとって、最後はピシャリと潰される。

     

    笑える。狂って笑える。

     

    男はすべからくフーリッシュでありクレージイ。

    女がどうかは知らないが。

    ロックンロールを思い出させ、復活させた偉人。

     

    誰も君を忘れないさ。

    君はいつも友達だ。

    ニューヨークだろうが、金沢だろうが、何処だろうが、

    男は皆君が好きさ。

     

    そして、男はハエ。

    うるさいだけのハエ。

    寂しいハエ。

     

    ひとときだけでいい。

    美女のまわりを飛び回りたい。

    たとえ嫌われても。

    ハエ叩きで潰されても。

    それでいい。

    そうだろ、リック。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    お帰りなさい。「母は起きて待っていた。」 
    ここで、泣けました。 
    YouTubeですが、お時間を割いて、是非ご覧ください。 
    【“Shame On You” - 韓国最高裁, 亡国の判決】 
    | 本町T. | 2019/09/17 7:52 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955944