RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ユー・マイト・シンク・アイム・フーリッシュ? | main | 森田観光が腑に落ちたひと言 >>
秋の空にヤマトタケル像
0

    9月19日    晴れ    起床6時

     

    朝食    りんご酢入り豆腐の味噌汁

          オクラ、ウインナ、ニンニク炒め

          牛乳

     

    えらい涼しい。

    デブにとっては極楽。

     

    せっかくなのでパンツ一丁で眠った。

    朝方、寒くてタオルケットで全身をくるんだけど。

    でも、極楽に変わりはない。

     

    貰い物の玉ネギがもの凄く旨い。

    甘みが半端じゃない。

    オクラとニンニクも貰い物。

    毎朝、炒めて喰ってる。

    このままいくと菜食主義者かな?なんてね。

     

    えーっと、「パターナル」だけど、これは共産主義や全

    体主義を指す訳で。中島岳志氏によれば、「リベラル」

    に対抗するのは「保守」ではなく、「パターナル」だと

    のこと。

     

    彼は加えて「リベラル」と「保守」は似ていると云う。

    それならまあ、そうしとこう。

     

    そんで、来年7月の東京都知事選に、山本太郎氏が出馬し

    、もし万一、彼が都知事に成ったら、日本は右と左真っ二

    つに分かれ、市街戦状態になる。

     

    今さら、北朝鮮の傀儡に、東京を好きなようにされたら、

    韓国どころの話じゃない。オリンピックも即中止だ。

    そのことを云っとかないと。

     

    くれぐれも騙されんように、なんてね。

    僕が云ってもなー、ウヒヒヒ。

    山本氏の支えは、北と通ずる新左翼とか。

    新左翼なんて、久々に聴いたような気がする。

     

    まあ、懐かしがってる場合じゃない。

    日本には中核派と革マル派がゴマンといる。

    もし一気に武装闘争やられたら、我々のような素人はいち

    ころだ。

     

    日本も一気に「政治の季節」か?

    けっこう平和だったけどね。

     

    ー でも、これもあれも、すべて必然だと思う −

     

    韓国の歴史がおかしいと日本人は思ってるが、肝心の日本

    の歴史もけっこうアヤウい。

    明治維新から大東亜戦争までが、特に当てにならない。

     

    近代・現代がグラグラだ。

    もし、我々が信じてる歴史が出鱈目だったらどうします?

    韓国を笑えませんよ。

     

    右と左に分かれるのは、歴史認識の違いが99%だろう。

    歴史は慎重でなくてはならない。

    僕等の世代までは、戦前のことは親に訊けるが、それ以降

    の世代は文献に頼るしかない。

     

    「○○年に○○があった」

    それは正確だろうが、では何故○○が起こったのか?

    その答えとなると、なかなか難しい。

    僕等が一番知りたいのは、この「何故?」なのだが。

     

    米国民主党の大統領候補は、バイデンを除けば、ほとんど

    が極左社会主義者だ。「これでは?」と思うが、米国の事

    情は確実に日本でも起きる。

     

    そもそも日本人は左派に寛容だ。

    左派こそが正しきインテリで、弱者を救うと思い込んでる。

    マスメディアは70年間、今もなお左派だ。

     

    でも、彼らは思っている。

    自分達はいつの間にか、自分達が忌み嫌った「全体主義」、

    所謂、パターナルそのものではないかと。

     

    もう遅い。

     

    すべてはこれから、みなの前に晒される。

    嘘が、歴史の嘘が、戦後生まれの我々を、間違った方向

    に導いてきた嘘が、旭日の下に、明らかになる。

     

    金沢・兼六園の日本武尊の像を観たい。

    靖国で大村益次郎の像を見上げた時思った。

    秋の空にそびえるタケル像。

    爽やかだろーなー、すがすがしいだろーなー。

    絶対、気持ちいいぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955945