RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 秋の空にヤマトタケル像 | main | 殺人の朝 >>
森田観光が腑に落ちたひと言
0

    9月23日    曇り    起床7時

     

    昼食    豚ロース・ニンニク炒め

          オランダ煮

          御飯

     

    台風17号が能登半島沖を通過。

    温帯低気圧に変った途端、温度が10度下がった。

    午後3時現在24度。

     

    金沢で瞬間最大風速28メートルだから、大したことは

    なかった。北陸地方は今年さしたる災害に会ってない。

    そうなると、冬の大雪が怖いなー。

     

    昨晩、森田観光君来。

     

    若い人は周りの動向を気にする。

    上昇志向はあるが具体的ではなく、自分だけは他の者よ

    り上に出たいと思ってる。

     

    その結果。

     

    若者は皆スマホを持ち、皆パソコンを持つ。

    違いを求めた結果、みんなが同じようになった訳で。

    アイロニーやねー。

     

    そんな話をぽつぽつした。

     

    「結局同じになるんなら、人とは逆に行けばいい」

    「逆とは?」

    「まず、上昇志向を捨てるんや」

    「はあ?」

     

    「上昇志向のきつい奴の歌なんかどうでもいいやないか」

    「ほんで?」

    「だから逆やて」

    「逆?」

     

    「今の自分を肯定するってことや」

    「?」

    「自分を信じてやれや」

     

    森田観光は何かピンと来たらしく、そそくさと家に帰って

    行った。

     

    人生が面白いと思ってる人はいるのかなー?

    誰もが「生まれてこなけりゃ良かった」と、一度や二度は

    、必ず思ったはずだ。

     

    ところがデジタル化すると、「良い」か「悪い」の二者し

    かなくなる。

    「良い」は人生の成功者であり、「悪い」は貧乏人?

     

    ー 世界をキャパクラに例えてみると −

     

    可愛い女の子が一杯いるのがキャパクラだとする。

    あの子も良い、あの子も可愛い、あの子はセクシーで、あ

    の子はアホっぽくて良い、まあ、そんな世界かな。

     

    あっちにも、こっちにも、そこら中にかわいい子がいる。

    と、まあ、今の男は思い込む。

    「それにしては、俺にはいい子は回って来んなー」

    不満が生まれる。それがキャパクラの思うつぼ。

     

    ー 世の中に、イイ女は、滅多にいない ー

     

    男にとって大事な格言を今ほど忘れてる時代はない。

    「一杯いる」と思い込むから焦る。「いい女」は昔から

    滅多にいない。

     

    ◎ あいつも、こいつも、俺以外はみな、良い思いを

      してる。(してない!)

     

    ◎ 俺は非正規だし、顔は悪いし、頭も悪い。

          (造作は親のせい。もちろん頭も)

     

    ◎ 世の中は俺を見捨てた。

          (そんなに構われたいの?)  

     

    ◎ 今の給料では結婚できるはずがない!ネオコンやグロ

      ーバル派の政策が、俺をこんな目に会わしている。

          (僕は嫁さんに喰わしてもらった)

     

    ◎ 山本太郎だけが味方だ!彼にツイてゆこう!」

          (山本太郎の大欠点は彼の顔だ。顔が致命的)

     

    ザッと、若い男の不満を上げてみた。

     

    「非正規だから」なんてのは、思い上がりだ。

    そもそもサラリーマンに成ろうなんて甘い。

    あのね、ホワイトカラーは簡単になれませんから。

    まずはブルー・カラーね。

     

    三橋貴明さんとかね。

    上手いこと話すし努力家だろうし、面白いけど。

    「小泉純一郎で非正規が増えた!」

    それは事実だけど。

     

    何でもかんでも政治家の責任で話が済むなら、この世

    は天国だよ。非正規だからどうだと云うんだ。

    そんなこと気にしたらアホですよ。

     

    非正規が嫌なら、そこから抜け出せばいい。

    まいにちひにち、笑ってればいい、渋野のように。

    誰に対しても、スマイル&スマイル。

    心の底から微笑んでいれば、人生なんとかなる。

     

    そんなもんだから、人生は。

    ちょっとしたことを、他人は観ているんだよ。

    そんで、運ね。自分の運ぐらいわかっとかないと。

    女運、ギャンブル運、出世運、人間運、仕事運。

    自分で把握しといて当たり前だと思うけど。

     

    アインシュタインも退屈だったと思う。

    誰も彼も、警察沙汰抱えてる以外、人生は退屈ですよ。

    前澤君とかね、ゾ・ゾだっけ。

    退屈してる顔だもの。

    退屈してなけりゃ、夕食時に200万のワインは飲まない

    し、月くんだりに行かないよ。

     

    やっぱり、偉いのはね、スマイルの渋野です!

    みんなを明るくするもの。ひとりひとりが、何かひとつで

    も世の中の役に立てば、この世は捨てたもんじゃない。

     

    ひとりが全体を構成してるんだから。

    ひとりひとりが自己を肯定すれば、物凄いことになる。

    自分自身を信じましょう。

    少しだけでもね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955946