RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 森田観光が腑に落ちたひと言 | main | 血圧はディスコで下げるべし! >>
殺人の朝
0

    9月24日    晴れ    起床7時半

     

    朝食    豪華・キムチ・肉野菜炒め

     

    朝飯をゴソゴソ作っていたら、お隣さんがピーマンと

    ナスの漬物を持ってきて下さった。

     

    すなわち、大変に豪華な朝食となった。

     

     ○ 貰い物のニンニク

     ○ 貰い物の玉ネギ

     ○ 貰い物のピーマン

     ○ トンカツ用・国産・豚ロース

     ○ キムチ

     

    味付けはキムチと醤油のみ。

    具材は、ほぼ一挙に炒める。

    無茶苦茶旨い。

     

    朝飯を作る前にゴミ出し。

    梯川の土手では、コオロギが一匹澄んだ声で鳴いていた。

    雨が降っていたので、片手で傘を差し歩いた。

    不思議なほどに静かな雨だった。

     

    ー ただ垂直に、9月の雨は加賀平野を静かに濡らす −

     

    なんかなー、冬の気配かもなー。

     

    ー スマホの話 −

     

    10月からの消費税アップに合わせて、スマホにしたら得

    かもと、思い悩んだが、やっぱ止めた。

    ガラケーからスマホに移る必要はないと判断した。

     

    アイホーン8なら1円らしい。

    でもねー、スマホのデザインが好きになれんのよ。

    ベターとしてるし、それを操作してる人の仕草も馬鹿みた

    いだし、カッコ悪くない?

     

    ポケットに入れるには大きい。

    何より通信料が跳ね上がる。

    これが決定的に嫌だ。ガラケーなら安い。

     

    消費税還元されても、月々の通信料の方が断然高い。

    それに、マーケットはポンタだし、還元受ける買い物を

    頭の中で探したけど、思いつかないんだよね。

     

    通信料を5千円以上払うつもりはない。

    サラリーマンしてるとか、必要不可欠ならいざ知らず、

    僕には無用の長物だ。

     

    どうせ買うならパソコンかな。

    ノートや原稿の整理ができるしね。

     

    ー ミステリについて −

     

    日本人のミステリを読んでないので、有名どころを一冊買

    ったけど、面白くなかった。

    やっぱり、外国ミステリの方が断然面白い。

     

    その国のことを知らないからだと思う。

    僕はミステリを読むまで、日本と米国が司法から政治から、

    何から何まで違うとは思ってなかった。

     

    どうして世界最大の民主主義国家の真似をしないのか、今

    も分からないが、米国は似て非なる国だ。

    スウエ−デンは日本と近い。人口は10分の一以下だけど

    何か似ている。英国も似てる。

     

    人間は幾つになっても、知らないことを知りたがる。

    知らないことを知ると、大いに得をした気分になる。そし

    て、誰かに話したくなる。

     

    ー 殺人 −

     

    32歳の父親が息子を殺した。

    父親は義理の父親で、「お前は本当の父親じゃない」と息子

    に云われ、逆上して首を絞めて殺したとか。

     

    母親は義理の父親の10歳年上。

    最近は、3〜5歳年上の女と結婚する男が増えた。

    そもそも男には、ヒモの気が有る。

    僕にも有る。ヒモは楽そうに見える。

     

    事件の父親は家事一般を受け持っていた。

    金を稼ぐのが母親で、料理や洗濯をするのが父親だったら、

    息子や娘はどう思うだろう。

     

    殺された息子は義理の父親を尊敬できただろうか。

    「料理を作ろうが洗濯しようが、あいつは母親の厄介者」

    そう思ってたのでは。では何故母親は、10歳年下の男と

    結婚したんだろう。

     

    女にはそもそも、家庭を仕切りたい願望がある。

    いや、家庭だけではない。夫をコントロールしたいと強く

    思っている。

     

    そんなことは大昔から分かっていた。

    だから結婚は男が年上と決めた。

    そうでなければ、家庭は維持できず、崩壊すると分かって

    いたからだ。

     

    誰と結婚しようが自由だ。他人が構うことはない。

    でも、先人の知恵を上回る知恵が、果たして僕らに有るか?

    当たり前だが、男にもプライドが有る。

     

    女が男を愛玩動物と思おうが、それも自由だ。

    でも男は、犬や猫とは違う。

    「可愛いい!」では暮らせない。

     

    男は男だ。

    そこを軽く見ると、大きな痛手を負うことになる。

    リベラルでは生きられない。

    人間はやっぱり、人間なんだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955947