RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 殺人の朝 | main | 英霊は静かに見ている >>
血圧はディスコで下げるべし!
0

    9月25日   晴れ   起床6時半

     

    昼食   コンビ・サラダ

         親子丼

        (以上、小松市民病院の食堂で)

     

    こんな天気のいい日に病院で検診だから。

    おまけに血圧が高いからと、薬を増やされた。

     

    「寒くなると血圧は自然に上がります。

     心臓には良くありません。ダイエットも

     よろしく!」

     

    この医者は僕が何者か知っている。

    僕が診察室に入ると「お久しぶりでーす」と云う。

    なんかおかしい。

    何がおかしいかわからんけど。

     

    彼はカナリな男前で、優しく一生懸命なので、「門前市

    を成す」人気医者だ。特にババアのファンが多い。

    まあ、ファンではなく患者だけど。

     

    僕も大いに頼りにしてる。

    彼は必ず体に聴診器を当てる。

    体に指も触れず、数字を見つめるだけの医者が多い御時

    世に、貴重な存在だ。

     

    ババアだけでなくジジイも、よろしく!

     

    診察を待つ間に、1年前からつけてるメモ帳を見ると、1

    年前の今頃は、福井競輪場に通いまくっていた。

    多い時は、一週間に3日通ってる。

     

    ところが今はバッタリだ。

    1週間に1度のバンド練習が効いてる。

    エネルギーが適度に消費されてるんだろう。

     

    他のメンバーも僕と同じ。

    「練習日を中心にサイクルが回ってます」

    ベースのK君がしみじみ云う。

     

    偉大なり、ロック!

    偉大なり、ロック・バンド!

     

    練習が終われば、皆で近くの居酒屋で一杯やる。

    メンバー全員が僕より10歳年下。

    僕は気を使わないので、楽な気分で酒が飲める。

    またこの、ひと汗かいた後の酒は、実に旨い。

     

    音楽の話より、確実に、政治の話が多い。

    彼らは政治に関心の無い世代。

    まあ、そんなことは僕には関係ない。

     

    「男は政治を語りながら酒を飲むべし」

    これを強要する。

     

    ー 政治以外に何を語るべきや! −

     

    そうでしょう。

    嫁さんや子供、会社の話じゃ、酒は飲めない。

    一応、皆さん上べは「保守派」なので、そのつもりで

    話している。まあ、ユダはいないと思うけどね。

     

    オールド・ロッカーからひと言。

     

    昔のデスコはダンス・ミュージックで踊った訳じゃない。

    そこんとこが誤解されてる。

    そもそも、ダンス・ミュージックなるジャンルはなかっ

    た。みな、ギンギンのロックで踊った。

     

    C・C・Rで踊り、ディープ・パープルで踊り、ツェツ

    ペリンで踊った。

     

    そこですよ肝心なのは。

    ディスコと云えばマイケル・ジャクソンじゃないからね。

    黒でも白でも黄色でも、何でも踊った。

     

    だから、ダンス・Mに特化したクラブはピンと来ない。

    クラブの発祥もまたダンス・Mではない。

     

    D・J は良い音楽をかけた。

    D・J は、大好きなレコードをかけた。

     

    それを聴いた客が、その曲に合わせてゆったり踊った。

    コラボレイトした瞬間、みなが良い感じになった。

    それが「クラブ」を生んだ。

     

    だから、僕は昔のディスコ大会をやりたい。

    ロックで踊るディスコを。

    踊ったことのない人が踊るからいいジャン。

    それを見るのはきっと楽しい。

     

    昔に帰りましょう。

    良き時代に。

    データーではなく、人間が打つバス・ドラムに乗ろう!

     

    息の合う、破壊力抜群のリズム・セクション。

    官能のエレクトリック・ギター。

    そして、闇を突き進むロック・ボーカル。

     

    故山口富士夫曰く。

     

    ー バンドはディスコで鍛えるべし! −

     

    嗚呼、文句無しです、富士夫さん。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:15 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    参加する〜
    昔大阪のデスコではニコレット・ラーソンの
    Lotta Loveで踊りましたよ〜
    | arison | 2019/09/26 7:43 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955948