RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 血圧はディスコで下げるべし! | main | 誰も云わん?故郷が一番やろ。 >>
英霊は静かに見ている
0

    9月26日   晴れ    起床6時半

     

    朝食   野菜たっぷりキムチ・チャーハン

         玉子巻き

     

    なかなかキムチから離れられない。

    昨日も今日もキムチ・チャーハン。

    滅茶苦茶旨い。

     

    自転車の前かごに弁当を入れたバッグを押し込み、

    チャリダー、GO!

     

    いやー、今日もいい天気や。

    秋は凄いわ。地球に生まれて良かったー。

     

    I KNOW YOU、RIDER、GONNA MISS

    ME WHEN IM GONE,

     

    鼻歌歌ってスーイ・スーイ。

    公会堂の裏の道を走り、京町交差点に向かった。

    風もなくスカットした空。

     

    まあ、こんな風に、スカット生きられればいいが、そんな

    上手い具合には行かない。台風は来るわ、韓国とモメルわ

    、山本太郎の顔は気味悪いわ。

     

    小泉進次郎大臣も、セクスイーで墓穴掘り、自分でハマっ

    て空回りしてる。「彼の潮目は結婚で変わりましたね」な

    んて、朝日新聞のゴロツキに云われたり。

     

    すべてがアヤフヤな時代に突入した感があるなー。

    このごろは、戦前の歴史がギシギシきしんでる。

     

    何故、日本海軍は西に向かわず、絶対に手を出さないと決

    めた米国の真珠湾を奇襲したのか?

    それを敢行した山本五十六とは、一体、何者だったのか?

    あなた分かります?

     

    こりゃもう、膿やら嘘やら憶測やら、出し切った方がいい。

    明治維新後の日本史は総点検しないと。

    韓国にも「我々日本人は、あんたの国の歴史は全部嘘だと

    思っています。いい加減にしたらどうですか」そうハッキ

    リ云えば良いんじゃないの。

     

    それを誤魔化すから韓国も訳が分からなくなる。

    相手が怒ろうが、宣戦布告しようが、どうなろうが、真実

    だと思うなら、堂々と云うべきだ。

     

    そでないと、日本は韓国以上の嘘つき国家と見られる。

    それ嫌でしょう、嫌ですよね。

    でもね、今の日本人には勇気が無いんですね。

    韓国が怖くて云えない。

     

    日本男子よ!年上の嫁さんもらって喜んでちゃアカン!

    真に勇気ある人は、ネットを見ても、韓国人が多い。

    「私は親日派です」

    堂々と云う韓国の学者には頭が下がる。

     

    米国民は韓国が正しいと思っている。

    当たり前だ。日本は何も発信しない。

    米国の主要新聞に出まくるのは、韓国の国会議員や官僚

    のみ。日本人は黙して語らず。戦前と全く同じ。

     

    アカンなー、アカンわ!

    情報戦はボロ負けや。

    やっぱ、韓国は大陸国家、日本は井の中の蛙。

    どうしようもない差がある。

     

    いまだに憲法9条変えれんのやから。

    何をかいわんやだけど。

    情けなさ過ぎる。

    もうひとつ、恥をさらし過ぎる。

     

    北が小型ミサイルバンバン発射してる。

    それを見て見んふり。

    これは憲法違反だろう!

     

    国民の命をどうやって守るんや。

    米国は守らんぞ!当たり前や!

    自衛隊しかおらん。

    米国が出れば世界大戦になるやろが。

    そやから、米軍は動けん!

     

    米軍は、日本においては、プレゼンスや。

    実際の行動は滅多にせんのやから。

     

    ヤケになっても何にもならん。

    選んだ道や。

    靖国行って良かった。

    靖国は静かやった。

    英霊は静かにこの国を見とる。

    英霊を裏切ったらアカン。

    そんな国は消えた方が良い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955949