RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 英霊は静かに見ている | main | 革命的なしっかりした10月を。 >>
誰も云わん?故郷が一番やろ。
0

    9月30日   晴れ   起床7時

     

    朝食    もやし・キムチ肉炒め

          玉子巻き

          トースト

          牛乳

     

    朝、ダスキンのほこり取りで、廊下と階段を掃除した。

    僕は洗濯は好きだが、掃除は苦手。

    今も、ほこりに埋まって寝ている。

     

    母親は眼が弱って来たので、ほこりが見えない。

    匂いにも鈍感になった。息子の役目は日に日に増える。

    まあ、仕方がないな。

     

    タイで働いてるS君によれば、いよいよタイの景気も下

    降気味らしい。中小企業の経営や運営は難しくなる。

    その中を生き抜く訳で。

     

    韓国の司法制度がどうだとか、ジャニーズの48歳がタレ

    ントの24歳女と「出来ちゃった婚」したとか、まったく

    どうでもいいニュースだ。

     

    思えば、小泉進次郎は損な結婚をした。

    もっと地味で、しっかりして、よく見ると意外に可愛い女

    を見つければ良かった。

     

    野田佳彦元首相の嫁さんなんかがそうだけど。

     

    突然年上のハーフのタレントじゃ、誰も付いてゆけない。

    一挙に首相候補から消えた。能力を発揮する前に、自爆し

    た訳で。それが日本にとって、良かったのか悪かったのか

    は、まだ分からないが。

     

    「セクシー発言」なんかよりも僕は彼の認識を問いたい。

    何故か英語で話す彼の姿が、およそ、日本人からは遠か

    った気がする。

     

    「妙な国籍不明な外人」に見えた。

    その立ち居振る舞い、その受け答え、その微笑み。

    そこには日本人の誇りがなかった。

     

    「故郷の河に戻り生き返った痩せウナギ」みたいだった。

    それが「ペラペラな男」に見せた。彼は本来の地・米国に

    戻り、大いに張り切り、大いに日本人の期待を裏切った。

     

    安倍首相も、茂木外務大臣も、けっこう英語を話す。

    でも、彼らが、妙な外人に見えたことはない。

    英語で話さなくても良い場所では、英語をことさら話す

    必要はない。その辺だろうなー。

     

    9月28日。アイルランド対日本戦。

     

    6−12か、9−12あたりで、一度テレビ観戦を中断。

    シャワーを浴び、服を着替え、タクシーで「えびすや」へ

    向かった。

     

    「えびすや」もテレビはラグビー戦。

    カウンターに座って間もなく、あっけなく、日本勝利。

    なんか、一番良いとこを見損なった。

     

    取り敢えず、常連3名で乾杯。

    「いやー、勝ったぞいやニッポン!目出たいわい」

    S会長はご機嫌で乾杯の音頭を取った。

     

    本日の僕のメニュー。

     

      刺身盛り合わせ

       (この日は底引き解禁で目玉は甘えび)

      焼き鳥

       (ネギま)

      鰺の塩焼き

       (これがまた旨い)

      酒は「芋焼酎お湯割り」2杯。 

     

    「えびすや」の次もあるので、ここは景気づけ程度に。

    そう思っていたが、芋焼酎2杯が効いてヘロヘロに。

     

    常連二人を相手に、松尾芭蕉と与謝蕪村の違いを講釈。

    ついでに、北島三郎の競馬界における大功績と、キタサン

    ブラックの血統配合について語る。

     

    堅い話と柔らかめの話を交互にすると、男たちは必ず満足

    する。まあ、柔らかい話だけでも良いんやけど、ウヒヒ。

     

    「今夜はええ話が聞けた!旨い酒や!」

     

    S会長も、もう一人の常連も、酒をガンガン注文する。

    S会長は「聞き上手」と云うか「しゃべらせ上手」。

    だてに会長してる訳じゃない。

     

    彼の母親は100歳を超えても元気だ。

    「103歳で元気一杯やぞ!」

    息子達も会長の跡を継ぎ、家業は大いに繁盛している。

     

    彼は幼稚園で僕の母親に習った。

    「わしは桜組や!佐々木先生に習ろたんや!」

    多分、死ぬまで云うだろう。

    「今は佐々木先生の息子さんと飲める。うれしい!」

     

    田舎、故郷は良いぞ!

    クドイけど、それもまた良しや!

    いつかは無くなるけどな。僕もこの世から消える。

     

    ひと時なんや。

    人生で良いのは、ひと時やと思う。

    それでええやないか。

     

    お前は男やろが!守ったれや故郷を。

    娑婆に迷惑かけた分、守らんといかん。

    お前流のやり方で、故郷を守ってくれや。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955950