RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 誰も云わん?故郷が一番やろ。 | main | 前澤君がやりたいのはバンドですよ >>
革命的なしっかりした10月を。
0

    10月1日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    すき焼きうどん

          豚・ロースのソテー

          玉子巻き

     

    朝っぱらから豚ロース2枚喰った。

    3枚焼いて1枚は母に食べさせた。

     

    今日から10月。

    ガッチリ喰ってガッツに行こう!

     

    昨日はマッツ勤務後、電車で金沢に行き、「ロック入門」

    で歌いまくり、終了後、再び電車に乗り、小松に着いた

    のが午後9時半。

     

    それから、自転車で自宅に帰り、シャワーを浴び、さて眠

    ろうとしたが、まてまて「世界陸上」やってると思い出し、

    テレビを観てしまった。

     

    少しづつ、眠る時刻が遅くなってきた。

    疲れてるはずなのになー。

    血圧の薬が効いてるのかな?

    でも、腹は決して引っ込まない。

     

    金沢では教室の前に、本屋を二軒まわった。

    でも、本屋には探してた本は無かった。

    それで、母に「編み物」の雑誌を一冊買った。

     

    最近読んだこの一冊。

     

    「春にして君と別れ」

     BY アガサ・クリスティ

     

    僕にとっては初めてのアガサ作品。

     

    いやー、たまらんねー。

    どうなっとんのかね、この女。

    頭良すぎやし、革命的やし、鋭いし。

     

    ミステリはアガサから読まん方が良いかもなー。

    なんか、他の作家とは考えてるレベルが違い過ぎる。

    これ読んだ当時の女たち、どう思ったんやろ。

     

    今話題のスゥエーデンの女の子どころやない。

    根本から、根底から、揺さぶられたやろな。

    怖い女や。

     

    ー まあ、ミステリやから中身は云わんけど 

      女にとっては重要な話をひとつ −

     

    もし、あなたが、高校か大学の同級生に会ったとする。

    「昔はきれいな子やったのに、驚くほど老けたなー」

    「色々有ったんやろなー、苦労したんやわ、彼女は」

     そう思ったとする。

     

    「それに比べると、私の顔にはシワひとつないわ」

    自分は正しい暮らしを選択し、幸せなのだと思う。

    女同士だと良くあるんじゃないかな。

     

    それって、老けて見えた方の勝ちで、シワひとつない

    方の負けなんやて。アガサが云うにはね。

    面白い。深いねー。

    何故そうかは自分で考えてね。

     

    ー バンドのもってゆき方 −

     

    次回からは、「バンドを売るための仕掛け」について書こ

    うと思う。試行錯誤もしないで、ただ演奏じゃ面白くない。

    色んなアイデアを実践し、バンドがどう変化してゆくか、

    試してみたい。

     

    乞うご期待!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955951