RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 革命的なしっかりした10月を。 | main | サッカーも韓国問題も吹っ飛ぶぞ! >>
前澤君がやりたいのはバンドですよ
0

    10月3日   曇り   起床7時

     

    朝食   玄米パンのトースト

         玉子巻き

         アイスコーヒー

     

    今日は動橋(いぶりはし)の白川食堂で同級生が集ま

    って会食の予定。すでに、頭の中は、揚げたてのトン

    カツが湯気を上げている。

     

    アガサの作品名は「春にして君を離れ」が正解。

    訂正します。

     

    なかなかに英国的な作品だった。

    嫁さんも子供も、皆他人として見るのは、日本人には無

    理だろうね。

     

    英国の上流階級と云うか、インテリ層はそんな感じなの

    かな?よう分からんけど窮屈。

    でもさすがに、アガサは面白い。世界中で読まれる訳や。

     

    ー 年寄りバンドのススメ −

     

    65歳定年では、なかなか新しいことはやれない。

    でも、することが無いからと、ダラダラ仕事を続けるの

    は感心しない。

     

    年寄りはバンバン金を使うことを考えよう。

    酒に使うも良し、女に入れあげるも良し、服を買いまく

    るも良し。

     

    バンドやるのは、多分、年寄りにとっては一番いいと思

    う。高い値段の楽器もある。

     

    ○ マーチンのアコーステック・ギター

      100万辺りが狙いどこ。20万、30万は今じゃ

      若者達が普通に所有している。

    ○ ギブソン・レスポール

      1959年より古い製造でなくてはいけない。

      別にゴールド・トップでなくても良い。

      これは100万では桁が違ってくる。

      1000万台が普通。

     

    ワインは飲んだら消えるが、ギターは消えない。

    バンドを組めば、アレンジやフレージングで、寝るヒマは

    なくなる。

     

    ー ぜひやって欲しいのが作詞 −

     

    18や、20のガキが「俺の明日が見えねー」と歌うより

    、死にかかりの年寄りが「生き方がわからねー」と歌う方

    が、遥かにリアルだし面白い。

     

    「女が行っちまったー」より、「嫁は同じ墓には入らない」

    の方が心の痛みが伝わる。ユーモアは必要だし、リアルも

    必要。年寄りの作品は必ず受ける。

     

    「死ね!ビートルズを語れない外務大臣」

    こう云う歌は必要だと思うなー。

    ビートルズもストーンズも語れない閣僚や役人はハナから

    いらない。そんな人たちが政治に携わってはいけない。

     

    ビートルズもストーンズも語れない映画監督はいない。

    そりゃそうでしょう!

    僕は政治家も同じだと思うけどね。

     

    話はそれた。

    今度はもう少し中年バンドについて話そうと思う。

    ロックの役割は重い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955952