RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 前澤君がやりたいのはバンドですよ | main | 今週は社会主義でね。 >>
サッカーも韓国問題も吹っ飛ぶぞ!
0

    10月7日    晴れ    起床6時半

     

    朝食    もやし炒め

          玉子巻き   

     

    ラグビーがこれほど盛り上がるとは思わなかった。

    ラグビーにハマったら、サッカーはふっ飛ぶなー。

    そんな気がする。ヤバいぞこれは。

     

    先週は、会食やらお誘いやらで、酒をよく飲んだ。

    酒に関して、僕には主体性が無い。

    そもそも「飲みたくてたまらん」なんてことはない。

     

    お呼びが掛かれば毎日でも飲むが、そうでなければ、全

    く飲まなくても平気だ。そもそも酒よりも酒場が好き。

    競馬より競馬場、競輪より競輪場、はっきりしている。

     

    ー バンドのファツションを考える −

     

    僕にはファツション・センスはない。

    でも、好きなファッションはある。

    西部劇に出てくるガンマンや、カウボーイの格好が好き

    だ。

     

    ○ 襟の付いた革のチョッキ。

      

      日本では襟付きの革のチョッキはそうはない。

      僕はカジノのディーラーが着るポケットが一杯着い

      た襟付きを持っている。

     

    ○ ギャバディーンの涼し気なシャツ。

      

      最初に米国に行ったとき、古着屋でギャバディーンの

      シャツを何枚も買った。少し重く、垂れた感じが何と

      も云えない。ボタンはホック。

     

    ○ ウール・リッチの冬用コート

     

      昔は渋谷でウール・リッチの古着が買えた。

      カウボーイの雨用コートや、防寒コートなんかは見て

      るだけでもいい。  

      他にはペンドルトンのメキシコ風シャツもいい。

      

    米国製の服の特徴は色。

    日本は「色」では米国に遥かに及ばない。

    どうしてか知らないが、日本製の服は色が悪い。

     

    小学校に入学する前の週。

    叔父が「小学校に上がると映画禁止やろ、忠平、今日は映

    画館の「はしご」や!」

     

    叔父は映画館を三軒回った。

    一本はユル・ブリンナーの「隊長ブーリバ」だった。

    あとの二本は忘れた。

     

    映画館で叔父がひと言云った。

    「筋が分からんでもいい、アメリカの映画は色がきれいや

     から、観てるだけで充分やぞ」

     

    その一言が僕の脳を洗脳したのかも知れない。

    米国製の服を買うのはスタイルもあるが、やっぱ色だ。

     

    ー 結論 −

     

    まだ結論は早い。

    僕はテックス・メックス風を推している。

    テキサスからメキシコの国境を超えたあたりの酒場に似合

    う服。狙いとしては面白いと思うが、どうだろう。

     

    ー ユー・チューブ・異変 −

     

    不景気の波がソロソロ押し寄せてきそうだ。

    「オリンピックは中止だろう」

    そうせざるを得ない程の、経済的破綻が起きるとネット上

    に投稿が飛び交う。

     

    香港では若者たちが、死に物狂いで自由を訴えてる。

    香港は胸に迫る。日本は相も変わらず「金」しか頭にない

    訳で。でも、少しづつ振動し始めた。小松にいてもそう思

    う。今年の冬は、熱い冬になりそうやなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955953