RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< サッカーも韓国問題も吹っ飛ぶぞ! | main | 秋を惜しんで芋焼酎お湯割り。 >>
今週は社会主義でね。
0

    10月8日   小雨   起床6時半

     

    朝食   焼き野菜(しいたけ・ナス・キャベツ)

         目玉焼き

         玄米トースト

     

    食事のメニューをこれまでのように、自由主義的に決め

    るか、社会主義的に決めるか、迷っている。

     

    もう、ハナから、何曜日は何を喰うかを決めてしまった方

    が、ダイエットしやすいのではないか。

     

    月曜日は豆腐と納豆、火曜日は朝食のみ肉を喰う、水曜日

    は魚のみ、とかね。決めてしまえば買い物も楽だし。

     

    何も考えずマーケットに行けば、目につくものをアレコレ

    買ってしまう。やっぱ、行き過ぎた自由主義はアカン。な

    んて、韓国のこれからみたいだなー。

     

    橋下徹氏は韓国に内政干渉してはいけないと云う。

     

    「あくまでも韓国の問題です。社会主義を選ぼうが

     どうしようが、日本には関係ない」

     

    櫻井よしこ氏は云う。

     

    「現代の世に、社会主義を選ぶ国が有るなんて、信じら

     れません」

     

    ふたりは噛み合わない。

     

    橋下氏の云う事は正しい。

    韓国の問題を日本人がどうのこうの云っても仕方がない。

    氏の云う通り「放って置けば良いんです」、なんだけど。

     

    櫻井氏の意見は、おせっかいなのか?

    何かスッキリしない。

     

    橋下氏の次の言葉が引っ掛かる。

     

    「戦前の日本は軍部は勝手に独走するは、憲兵は共産主

     義者や社会主義者を好き放題牢屋にぶち込むは、出鱈

     目だったじゃありませんか。それを正してくれたのが

     GHQ、マッカーサーでしょうが」

     

    「日本は戦争に負けたから民主主義になったんですよ。

     マッカーサーがいたから。韓国は国民自らが今、正し

     い体制を作ろうとしてるんです。頑張っています」

     

    書き出してみると相当に引っ掛かる。

     

    氏は「戦前の日本は暗黒社会」的思想だと分かる。

    これは、日本共産党と何も変わらない。

    「日本人は、自らは何も出来ない」

    そう云ってる。

     

    僕も「日本人は憲法9条を変えられない」と、同じよう

    なこと書いて来たけど。

     

    軍部が出鱈目だったと僕は思っていない。

    逆に、軍人だけが日本を憂いていたと思っている。

    加えれば、当時の日本政府や、軍人の考えていたこと、

    その真実を知るには、もう少し時間が掛かるんじゃない

    か。

     

    敗戦からまだ70数年しかたっていない。

    「戦前の日本は暗黒世界」と、結論出すには早過ぎる。

    せめて100年経たないと。

     

    別に逃げてる訳じゃない。

    関係者が死に絶えないと云えないことは有る。

    天皇発言のメモが、今年見つかったくらいだから。

     

    櫻井氏の発言はとても重い。

    橋本氏が理論的だとすれば、櫻井氏は現実的だ。

     

    もし韓国が社会主義国になったら?

     

    日本が受ける影響は計り知れない。

    韓国からの脱出者が行く先は、米国か日本しかない。

    だれ一人、中国に逃げる者はいない。

     

    日本の在日を当てにして、かなりの人が押し寄せる。

    そして何より、韓国が社会主義になれば、必ず、日本で

    も「日本を社会主義に!」と云う声が上がり、国内は真

    っ二つになる。

     

    櫻井よしこ氏はそのことを憂いている。

    橋下徹氏の考えは、日本国内では正しいが、世界の現実

    からは遠い。

     

    弁護士である橋下氏の限界がここかも知れない。

    いや、本音で、「日本もエライ目に会った方が良い」と

    思っていたら、話は別だが。

     

    韓国が新しい社会主義国を選ぶなら、何も問題はない。

    問題は北のキム家族の存在。彼らがいるから、ロクなこ

    とにならないと誰でも思う。

     

    ムンジェインがキム一家を封じ込められるなら。

    或いはトランプが「やっぱ消えてくれ」と、北を攻撃し

    た後ならば、ムンの出番は有るだろうが。

     

    さてさて。

    この一週間は、社会主義的にメニューを決めよう。

    体重を3キロ落とすメニューを。

     

    決めたら守る。

    ただそれだけで、履けないジーンズが履ける。

    たった一週間でや。

    ウヒヒヒヒヒ、勝ったも同然やないか、ウヒヒヒ!!

    わしは頑張る!ハイな!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955954