RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 遊歩道から眺めれば | main | 頑張っとんなー、製作者たち。 >>
韓国を嗤うヒマはない!
0

    10月15日   晴れ   起床6時

     

    朝食    納豆・豆腐

          魚肉ソーセイジ・サラダ

          春雨スープ

          御飯

     

    冷蔵庫の隅に魚肉ソーセイジを発見。

    皮をむき、マヨネーズをつけて喰った。

    「ノー・フライパン」なので、貴重な食材。

     

    ヤキモキしてる人もいるので。

    「反日種族・・」関係のユー・チューブはほとんど観て

    ます。あと、アンソニー・ホロビィッツの文庫の題名は

    「メインテーマは殺人」でした。

     

    韓国人の歴史認識を笑う人はアホだと思う。

    韓国併合あたりから終戦に至る、わが国の歴史も、これに

    負けず胡散臭い。

     

    「日本はアジアに多大な迷惑をかけた」

    「戦前の日本に自由はなかった」

    「軍部の馬鹿が勝手に独走した」

    「昔はすぐに憲兵に引っ張られた」

    「男と云う男は威張りくさっていた」

    「中国を攻め支配を拡大した」

    「陸軍もアホなら海軍はもっとアホだった」

     

    何というか、これすべて敗戦史観だけど。

    慰安婦強制連行や、徴用工問題は、ヨタだと国民のほと

    んどは思っているが。

     

    日本を開放したのはマッカーサーの進駐軍であり、彼らが

    作った憲法なら、日本人が作るものより、遥かにまともだ

    ろうとの思いが、戦中派の心の隅に有る。

     

    僕は日本なり、天皇の存在なりを疑う戦中派の子供だ。

     

    「天皇皇后の写真を見ただけで不敬と云われた」

    「今の北朝鮮と同じや」

    「優秀な男はみんな死んだ。戦争にも行かなんだヘゴの

     男ばかりが生き残った」

    「喰うものがなかった。梯川の土手の草まで喰った」

     

    子供の頃からそう云われたら、誰だって戦前の日本を否定

    し「マヒダリ」に走って当たり前だ。

    戦後、多くの国民がそう思ったに違いない。

    現実に、社会党が政権を獲ったこともある。

     

    でもねー、世の中、そんなに単純ですかねー?

    米国はそんなに親切で、思いやりがあって、日本よりマシ

    ですかねー?

     

    僕も米国から学べと、折に触れて云ってるけど、米国と日本

    を比べてどっちが良いなんて、それこそナンセンス、意味が

    ないでしょう。

     

    だって、日本は僕の祖国なんだから。

     

    全共闘がアホなのは、「俺がどうして日本人でなければな

    らんのか!」奇妙奇天烈でしょう。アホですよ。

    頭だけで生きてる。「お笑い」にもならん。

     

    僕もあなたも日本人ですから。

     

    「俺はどうして人間でならねばいかんのか!」

    そう云ってるのと同じ。問答の為の問答でしょう。

    「理屈」の樹海を彷徨ってください。それはそれで、楽し

    いかも知れない。

     

    話は長くなったけど。

    決して韓国を笑えない。日本の近代史・現代史こそ、嘘だ

    らけかも知れない。

     

    結局、歴史と云うか、歴史観でもめる。

    民族にとっては、生きてゆくエネルギー源に他ならない。

     

    「韓国は自分にとって都合のいいように歴史を変える」

    多かれ少なかれ、どの国でもそうしてる。

    「東京裁判」が良い例だ。勝った国が負けた国を裁いた。

    これこそ歴史の変更であり、破壊であり、書き換えでし

    ょう。

     

    大問題はジリ貧の日本。

     

    他の国はえげつないし、ダマしにかかるし、ワルだ。

    戦後の歴史観では、日本は世界のエサになって、むさぼら

    れ死んで行くしかない。

     

    今も米国のエサじゃないですか。

    戦前の日本人はそんなこと重々分かっていた。

    ついには、ばら撒く金がなくなる。

    少しはワルになって、日本第一で行きましょう。

    北朝鮮の属国だけは御免こうむりたい。

    狂った歴史観はもういい。

    もう充分です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    GHQは大勢の知識人を高額の年収で雇い、報道・出版の検閲をさせた。契約には終生 LIFE TIME 家族・友人・知人に仕事のことを話さない記録に残さないこと。違反すれば、本人・家族に累が及ぶ…。その内実は 
    「戦前・戦中に日本・日本軍が成した良いこと・・・これは削除。非道・残酷・暴力的な事柄を伝え,批判するものはOK。」「米軍が成した戦略・軍事行動を批判するものは削除。占領軍(米軍)の起こした事件・事故・犯罪はすべて削除。」かくして現在に至るまで、戦前・戦後の政府・政治を批判し監視する報道の姿勢が形成された。代表はN○K・朝○新聞。マッカーサーが任を解かれ帰国する際には、感謝の便りが多く寄せられた。何という皮肉。
    | 本町T. | 2019/10/15 8:59 PM |

     峅罅垢肋ー圓覆里、敗者なのか?」という半島のヒトの問いに、GHQは「(半島は植民地であり)君たちは被支配者だった。支配者である日本が負けたのだから、君たちは勝ったのだ。」「そうか我々は今まで虐げられてきた、これからは勝者なのだ」・・・このGHQが教え込んだ歴史の解釈方法が、終戦から現在に至るまで日本に対して居丈高な物言いで、様々な要求を繰り返し続ける姿勢の基本になったと思われる。 
    ∋廚すみはエスカレートし、サンフランシスコ平和条約締結の席に、勝者として参加させろとまで要求する。しかし米国は、君たちは枢軸国でも連合国でも中立国でさえない、第三国なのだからと、要求をしりぞける。 
    GHQは、日本の統治下に置かれていた旧植民地の住民は戦勝国民・中立国民のいずれにも該当しないとして「第三国人(Third Nationals)」であると規定していた。
    | 本町T. | 2019/10/17 4:04 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955958