RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 韓国を嗤うヒマはない! | main | 日本ラグビーに乾杯! >>
頑張っとんなー、製作者たち。
0

    10月17日   晴れ   起床5時

     

    朝食    玉子巻き

          小松菜とシシトウを加えた粕汁

          御飯

     

    季節の変わり目に弱いのは相も変わらず。

    寒さに体がついてゆかない。

    昨日は起きた時からフラついた。

     

    一日中、寝転んで本を読んだ。

    多分、先週から飲み始めた血圧の薬のせいだ。

    薬剤師は「少しフラつくかもしれません」と云った。

     

    アンソニー・ホロビッツの「メインテーマは殺人」は、

    かなり読ませる。

    「ロード・オブ・リング」を脚本・監督したピーターな

    にがしと、スピルバーグと三人で、「タイタン・なんと

    か」の打ち合わせの場面。

     

    アンソニーの脚本第一稿について話し合うため、ピーター

    とスピルバーグはロンドンにやって来た。

    アンソニーは不安ながらも自信はあった。

    三人はテーブルに座る。

     

    プロデューサーのスピルバーグが放った第一声。

    「参考にした物語の選択が間違っていたね」

    この一言で脚本はパー。

    アンソニーは世界最高の、よだれの垂れる憧れの仕事を瞬

    時に失う。

     

    多分、これは事実だと思う。

    スピルバーグクラスの仕事だと、脚本は少なくとも30回

    は書き直すのが当たり前らしい。その間に、脚本家は次々

    変わる。

     

    アンソニーですら、最終稿まで自分が残るとは思っていな

    い。出来るだけ長く、世界有数の制作者達と仕事をしたい

    。彼は切に願っていた。

     

    自分を認めて欲しいからではない。

    彼らの繰り出すアイデア、作品に対する態度、完成を目指

    すエネルギーの量、それらを直に味わいたいからだ。


    ここらあたりが堪らなくリアル。

    普通は絶対こんな目に会わないからね。スピルバーグにア

    イデアを云うなんて、凄すぎるなー。

     

    キース・リチャーズに、自分が作ったロックンロールを披

    露する場面を思えば、これに近いんじゃないの。

     

    「キース!俺が見つけたコード進行を聴いてくれ!」

     

    なんて、アホでしょ!

    相手はキースだよ。

    ビル・ワイマンじゃないから!

    (すまん、勢いで云うただけや、ビル!)

     

    話は飛んだけど。

     

    やっぱ、脚本は練りに練るんだね。

    30回書き直すのはしんどい。

    でも、それぐらいエネルギー使わないと、良い作品は出

    来ないと思う。

     

    スピルバーグは凄いと思うけど好きじゃない。

    いまさらだけど。

    何でかなー?好きになれん。

     

    ヘミング・ウエイとは違う。

    そりゃそうだ。

    小説家と映画監督は違う。

     

    でも、そんなに違うかなー?

    ヘミング・ウエイは「俺」だと思えるんやなー。

    彼の小説の中に「俺」がいるんや。

    そこなんやろね。

    ようわからんけど。

    そこやな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955959