RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 頑張っとんなー、製作者たち。 | main | レクイエムを。日本埋葬。 >>
日本ラグビーに乾杯!
0

    10月21日   曇り   起床6時

     

    朝食    宇都宮水餃子

          チャーハン

          さわし柿

     

    気が小さいので、南アフリカ戦を観れなかった。

    代わりに、どうでもいい「ソフトバンク対巨人戦」を寝転

    んで観た。

     

    昨日は作詞をした。

    起きた時から、何か浮かびそうなムードがあった。

    午前10時に自転車で家を出た。

     

    浜田町の「クッチーナ」でコーヒーを飲みたかったが、開

    店は「11時半です」と云われた。

     

    近くの「ジャマイカ」に行き、モーニングセットを注文。

    朝食は喰ってるのに、ほんと、いやしい。

      

    ー ホット・コーヒーとトースト・カレーのセット −

     

    中日スポーツを読む。

    競輪のページ以外読みたいもの無し。

    こんな地味なスポーツ紙を読む人もいる訳で。

    まあ、中日ドラゴンズのファンなら読むか。

     

    この店で作詞は無理と判断し、再び自転車でぶらぶらする。

    「駅前のプロントはどうやろ?」

    新鍛冶町から龍助町を渡り、駅前の「プロント」へ。

     

    小松大学の学生たちに紛れて「プロント」に入る。

    アイスコーヒーのМサイズを注文。

    外に面した席は気が散りそうなので、窓の無い席でノート

    を広げた。

     

    気になってた題名をノートに書く。

    あとは一気呵成に書き進み、一曲出来た。

    だいたい一曲出来ると、次々浮かぶものだが浮かばない。

    午後2時、「プロント」を撤収。

     

    ー どこかのミステリに有ったが −

     

    多分、ホロビッツの「メインテーマは殺人」だったと思

    う。

     

    「今日は忙しくなりそうなので、コーヒーをもう一杯飲

     んでおこう」

     

    イギリス人は、僕が思うにだけど、コーヒーをエネルギー

    源だと思っているんじゃないか。

    こんなちょっとした「違い」に出合うと、ムチャクチャう

    れしい。

     

    ー 競馬も国によって違う −

     

    米国人はレースをすべて観たがる。

    故に競馬場も、インディ500も、オーバルな場所で行う。

     

    英国人はレースのスタートや、途中経過に関心が無い。

    彼らはゴールだけを見たい。最後のデッドヒートを見られ

    れば満足する。こう云う、ちょっとしたことに、本質が現

    れているのかも知れない。

     

    ピーター・ルメートルのミステリを読んで、僕が一番驚い

    たのは、登場するフランス人が誰もワインに関心がなく、

    彼らがウイスキーを好む事だ。

     

    およそ僕の中には、フランス人がウイスキーをやたら飲む

    なんてイメージは、全くなかった。

     

    加えれば、北欧もヨーロッパも、ミステリを読んだ限りで

    は、彼らは、ピザとサンドウィッチしか喰ってない。

    米国人の方がまだ増しだ。アレコレと、色んなものを喰っ

    ている。タコスとかステーキとか。

     

    思うに。

     

    北欧やEUは、社会主義な国が多い。

    スゥエーデンは収入の半分は税金で取られる。

    こんな国の警察官は金を持っていない。

    故に、ピザとサンドウィッチしか買えない。

     

    ロサンジェロス警察のボッシュ刑事は、やっぱ金を持って

    る。良い女と出会えば、高そうな寿司屋でも、フランス・

    レストランでも、大盤振る舞い出来る。

     

    ー コーヒーから話を広げたが −

     

    今回のラグビー日本代表は偉い。

    久し振りに日本がよみがえった気がする。

     

    手を使わず、足だけでやるサッカーが流行る国は、経済が

    怪しい国が多い。

    サッカー・ファンには申し訳ないが、日本に必要なのはラ

    グビーだ。

     

    男らしさ、規律、団結力、ノーサイドの精神。

    どれをとっても、大切なことばかりだ。

    強力な肉弾戦の醍醐味。前へ前へ進む強さの快感。

    色々味わった。

     

    ありがとう!

    不屈の精神こそ、日本人の誇りだ。

    思い出させてくれて、本当に、ありがとう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955960