RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本ラグビーに乾杯! | main | 秋深い兼六園はストライク! >>
レクイエムを。日本埋葬。
0

    10月22日   晴れ   起床6時

     

    朝食    玉子巻き

          納豆

          キムチ・豆腐

          春雨スープ

          御飯

     

    朝、飯を喰いながらテレビを観てると、皇居の空に

    黒煙がモクモクと湧き上がった。

    「アカン!テロやられた!」

    そう思ったが事実は違った。

     

    首都高のトンネル内で、大型トレーラーが事故を起こし

    た。朝の6時に、そんな事故起こすかね?

    人騒がせやったなー。

     

    今日の天気予報は雨だったが、見事に晴れ渡った。

    即ち自転車でマッツへGO!

     

    温暖化のせいだろうが、小松は以前に比べれば気候が良く

    なった。今日だって東京は雨なのに、小松はマッ晴れだ。

     

    台風15号や19号の被害はほとんどなかった。

    こう云う傾向は、ここ5年で顕著だ。

    石川県の災害は、数年に一度の大雪ぐらいだ。

     

    ー 何かが変わった −

     

    気候は相当に変わった。

    母は「やたらに花が長く咲くようになった」と云う。

    元々地震は無い場所だし、台風直撃もほとんど無い。

     

    この機に、富山、石川、福井の三県は、国家機能の速やか

    なる北陸移転を申し出るべきだ。

    文化庁ごときが来るからと、喜んでる場合じゃない。

     

    東京はあまりに危険だ。

    多分、来年も台風の直撃を受ける。都市機能がマヒするよ

    うな大雨も降るだろう。

     

    加えて、南海トラフ、東京湾内の高潮等、想定される災害

    はひとつや二つじゃない。それでも、東京圏に4千万人が

    住んでる。

     

    「赤信号みんなで渡れば怖くない」

    すでに現実は、ギャグを超えている。

     

    いくら東京圏に人口が集中しようが、だからと云って鳥取

    県や島根県を無くす訳にいかない。

    でも自民党政府は、地方・田舎が消えてゆくのを待ってい

    るかのようだ。

     

    地方が順番に消えてゆくことはあり得ない。

    なのに何の手も打たない。

    道州制にしておけばと思う。

     

    「カリフォルニア州もあれば、モンタナ州もある」

    すべてが一律・均一な国ではなく、州を中心に行政を行え

    ば、かなりな問題がクリア出来た。

     

    「地方は観光で喰え!」

    なめたらいかんぞ!なめたら。

     

    原発やら、米軍基地やら、危ないもんは全部地方に置いて、

    偉そうにしてるけど、結局、東京圏に住んでるのは、唯の

    貧乏人ばっかやないか。

     

    「夢」がどうたら云うて、非正規社員かブラックやろが。

    韓国を笑うてる余裕なんてこの国にはないんやから!

     

    こないだ「えびすや」で、和田市長と偶然会った。

    市長がカウンターで飲みだしたので、僕は彼に云った。

    まあ、やんわりとね、同級生やから。

     

    「和田市長!小松を観光で喰うような街にせんといてね」

     

    和田市長は何も云わんと聴いてた。

    もうすぐ新幹線が小松を走るんやから、何も云えんわな。

    でも、彼は小さい声でひと言云った。

    「小松は何で喰えば良いんや?」

     

    僕等の世代は、ほとんどが親の跡を継いだ。

    「保守」はしたが、親の世代よりも「こじんまり」した。

    人間、そこそこ喰えたら、こじんまりする。

     

    親の作った財産なり、会社なりを、もっともっと大きくす

    る必然性がなかった。そう云う野性的な欲望は、僕等世代

    には完全に無い。いや、日本中に無いのかも。

     

    「それはお前だけのことや!みんな必死で生きたんや!」

     

    そう云う人は多い。

    でも、誰だって、多少の苦労や、生き死にが掛かった場面

    は有ったに決まってる。

     

    ー 戦争に負けて帰って来た父親は、何も云わなかった ー

     

    父と子の間に繋がり合うものを、僕等は見つけられなかった

    。「間違えたかもしれない」と思う父親の何かが、「思い」

    を子に伝えることを、はばんだ。

     

    「父」は経済的なことでだけ「子」と繋がれた。

    だから、日本人は「金、金、金」としか云えなくなった。

    父の思いは何処かに消えた。この国から、消えた。

     

    その瞬間から、この国の滅亡は始まった。

    マッカーサーの戦略でも、共産党のせいでも、朝日新聞のせい

    でもない。

     

    歴史のせいでもない。ただ一つ。父と子の断絶のせいだ。

    僕は父から何も云われなかった。大学を中退した時も、バンド

    をやった時も、結婚した時も、父には何一つ相談せず、すべて

    自分勝手に決めた。

     

    本当に悔しい。

     

    日本は戦争に負けてすべてを失った。

    日本が負けて良かったなど、口にすべき言葉ではない。

    米国に負けたから日本が民主主義国家になれたとか。

    軽すぎる。

    すべてが都合よく過ぎたかのように。
    軽すぎる。

    違う。

    すべて終わったのだ。

     

    日本は戦争に負けて死んだ。

    今朝の東京の空は、葬式にふさわしい空だった。

    日本は死んでいた。

    あの人は知っていた。

    きっと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955961