RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< レクイエムを。日本埋葬。 | main | チューズデイ・クラブ・バンド >>
秋深い兼六園はストライク!
0

    10月24日   小雨   起床7時半

     

    朝食    鍋焼きうどん

          玉子巻き

          納豆

     

    巨人ファンにとっては、分かってはいたが、冴えない

    日本シリーズだった。

     

    全く力が違った。

    打者のスイングの速さ、投手の球の切れ、走塁、何もか

    もに大きな差があった。

     

    妻は長年の巨人ファンを今年やめた。

    「強い巨人が好きなのよ、弱い巨人は見たくない」

    妻はテレビ観戦すらしなかった。

     

    もっともっとファンが見限ればいいと思う。

    巨人は甘えている。

    なあなあのコーチ陣、FAに頼り切ったチーム作り、太田

    を放出して、大型打者は、阿部が抜けたあとは、岡本ひ

    とりだ。

     

    バスケでも、バレーでも、ポジションによって小型の選手

    はいるが、巨人はいつの間にか小さい選手だらけだ。

     

    これじゃあ観てても面白くない。

    ハナから、将来は「守備・走塁コーチ」な選手ばかりを集

    めて、どうしようと云うのか。

     

    皮肉なことに今回のシリーズでは、守備で出場した慶応大

    学出身の小型内野手山本が、試合を落とすエラーを二度犯

    した。これじゃあどうにも、話にならない。

     

    阪神の、原口、北条、大山、がうらやましい。

    他にも、高山、中谷、木浪。

    将来有望な選手がそろってる。

    まあ、隣の芝生は、青々として見えるんだろうが。

     

    試合が終わった直後に、ヘトヘトの松井を監督室に呼び、

    バットを振らせた長嶋監督を、非難するどころか称賛した

    野球メディアは完全に狂っているが、その古臭い殻を破っ

    たソフト・バンクは称賛に値する。

     

    ー 何度でも云う −

     

    韓国経済をボロクソに云って悦に入ってる馬鹿が大勢いる。

    じわじわ追いつかれ、ついには抜かれそうになると、威張り

    出す日本は憐れだ。

     

    韓国など関係ない!

    どうのこうの云うのはみっともない。

    韓国は韓国。日本は日本だ。

     

    「世界からの観光客が云うてる、韓国より日本が増しやて」

    そんなことどうでもいい。

    他国の人間に判断してもらう必要などない。

     

    ー ついでに −

     

    金沢は、東京圏に住む人たちの保養場所ではない。

    金沢は北陸三県の中心であり、石川県の県都だ。

    そのことを皆忘れている。

     

    金沢がもの凄い観光地になって、僕ら県民はそのことを誇

    りに思っている。でも、日に日に、観光地としてしか見な

    い地元住民の、実に貧乏くさい「ものの見方」が主流にな

    りつつある。

     

    北陸新幹線の車両が水没して以降、それが顕著だ。

     

    「早く新幹線を走らせろ!ダイヤを前に戻せ!」

    「かがやきの本数を減らすな!」

    「東京の客を安心させろ!」

     

    「なんやちゅうねん!どやちゅうねん!」

    おもわず本音が出たやないか。

    ガタガタ騒ぐなや!

     

    観光で喰うのは至難の業やで。

    今回のことでよう分かったやろ。

    伊豆は熱海以外はボロボロやから。

     

    何がどうした訳やない。

    東北の震災が今も影響してる。

     

    観光は、そもそも、「浮いた金」でやるもの。

    借金してまで観光する人はいない。

    ちょっとのことで、災害で、経済の風向きで、観光業は大

    きな影響を受ける。

     

    ー 少し意見を −

     

    金沢観光成功の主要な要因は、21世紀美術館だと思う。

    パリにルーブルがあるが如く。古い建造物や伝統文化だ

    けで、大勢の観光客は来ない。

     

    金沢観光の足腰は、兼六園に加えて、「21美」の存在

    が大きい。「21美」設立には、そもそも僕の母校「金

    沢美術工芸大学」が大きな影響を及ぼした。

     

    金沢美術工芸大学は、金沢市公立であり、僕が入学した

    頃は国立大学と同じく、学費は月に千円だった。

    金沢市は今もその多くを負担している。

    長い間の蓄積が「21美」設立に繋がった。

     

    そしてやっぱり、何と云っても、兼六園だ!

    日本人は各々の季節に、この公園を訪れるべきだ。

     

    この公園の魅力は、訪れたひとりひとりを、主役にして

    しまうところだと思う。

     

    前田家の多くの殿様が思索にふけった様に、現代に生き

    る僕らもまた、知らぬ間に思索する。

    そして気づく、そっと誰かに包まれていることを。

     

    そよ風の如く、上品に、とても優しく包み込む。

    「嗚呼、これが日本人の求める、穏やかな優しさなのか」

    観光客は増えたが関係ない。

    兼六園はそう云う場所だ。

     

    何か、金沢の宣伝してしもたなー。

    まあ、たまにはね、良いんじゃないの。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955962