RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 秋深い兼六園はストライク! | main | 何でもかんでも疑え! >>
チューズデイ・クラブ・バンド
0

    10月28日   晴れ   起床6時

     

    朝食    中華・春雨スープ

         (焼き豚・ご飯少々・ネギ)

          玉子巻き

     

    ここ数日雨降りだったが、本日は晴れ。

    でも少し寒い。冬の到来を思うとゾッとする。

     

    先日も同級のB君と話した。

    「春・秋物の服って、着る時が無いわ。そやろ!

     半袖の夏物と、ダウンコートが有れば充分や」

    B君も「そうかも知れんなー」と、頷いた。

     

    今年は春用、秋用の服を大量に買ってしまった。

    「なんだかなー」

    もう、秋物では外出出来ない。

     

    ペラペラ、軽かる、スケスケの秋物ジャケットは、

    クローゼットの隅に淋しくぶら下がり春を待つ。

     

    ” 木曜会・バンド ” を始めてからは、カバー曲のこ

    とばかり考えている。英詩ばかりじゃ面白くないので、
    国際基督教大学出のH君に訳詞を依頼した。

     

    H君は演奏はしないが、毎回練習に付き合い、我々とは

    方向の違う意見を時々云う。

    だいたいこう云う人は何か才能がある。

    僕としては、詩人の才能があることを願ってるんだけど。

     

    昨日のテレビで、奥田民生君がユーチューバーしてるのを

    知った。ひとりで曲を作り、ユーチューブで発表してると

    か。

     

    僕も、ユーチューバーに成ろうかと考えたことはある。

    「ふざけたアルバム」の制作過程を見せようかと思った。

    僕は「ふざけた曲」なら際限なく浮かぶ。

    「真面目な曲」は、一年に1曲浮かべばいい方だが。

     

    そもそもロックはふざけた音楽だと思う。

    60年代。トロッグスが好きだった。

    完全にアホなバンドで、鉄壁だった。

     

    ー ベイビィ・アイ・キャント・コントロール・マイセ

      ルフ −

    意味ありげにサビを歌いアホ・フレーズに突入する。

     

    ー 「バーバー・バババ・バ・バ・バー・バー」 −

     

    こんな原始的アホフレーズを思いつくのはアホだからだ。

     

    アリス・クーパーの音楽もアホ満載だった。

    でも、どこか、ひよっとしたら、彼はまともなインテリと
    思わせるところがあった。

     

    ブラックオーク・アーカンソー。

    このバンドは、バンド名にした村で集団で暮らした。

    金が無いのでメンバーは血を売った。

     

    「わしらの村に電気が来た日」

    この曲はデビュー前にカバーした。

    多分、カバーしたのは日本ではメンタンピンだけだろう。

     

    僕はシスコ・ウインターランドで彼らのライブを観た。

    なんと、前座は「ジャーニー」。

    彼らは人気バンドだった。

     

    僕は最前列に。まわりは15・6歳の小柄でスタイルの

    良い、可愛い女の子ばかりだった。

    僕は踊りながら、彼女たちの良い匂いを嗅ぎまわる変態

    と化した。ウヒヒ。

     

    「アホバンドには可愛い女の子が集まる」

    これは重要な格言となった。

     

    それまでの格言はこうだった。

    「ハードロックなバンドには美人が集まる」

    もうひとつ。

    「フォーク系はブスが多い」

    僕が云ったのではない。誰かの格言だ。悪しからず。

     

    それで。

     

    やっぱ、可愛い女の子が来るなら「ふざけたアホ音楽」

    を作った方が楽しい。

    まあ、チープな結論だけど。

     

    作品を広めるにはユーチューブがピッタリ。

    と、まあ、分かった様にいってるけどね。

     

    自然で良いんじゃないかな。

    やりたいことをやってれば。

    それが新しいマーケットになるかもしれん。

     

    そんで、H君にはダグ・サームの「テキサス・トールネ

    ード」の訳詞を頼んだんだけど。

    まずは、シンプルな曲からね。

     

    多分、次はデッドの曲を頼むかもなー。

    或いはストーンズか?

     

    ” 木曜会・バンド ” なんて名前はクリスティみたい

    だ。今のとこ仮だけど。バンド名は中国語で行きたい訳

    で。懲りないんだよなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955963