RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< チューズデイ・クラブ・バンド | main | 才能ある奴はゴマンとおる。 >>
何でもかんでも疑え!
0

    10月29日   曇り   起床6時

     

    朝食    玉子巻き

          野菜スープ

         (ナス、玉ねぎ、キャベツ、焼き豚)

     

    先週の金曜日から、再び糖質を制限する食事に変えた。

    炭水化物は一日一食のみ。

    そのせいで少し腹が引っ込んだ。

     

    嫌になるほど「喰えば太る」体質だ。

    アンパン一個でさえビビって喰ってる。

    いかんなー、カツカレーの大盛りペロッといかんかい!

     

    胃の中に「炭水化物大好きモンスター」がいて、特に御

    飯を喰うと、そいつが胃の壁を内側から外側に押してん

    じゃないかと思う。

     

    くたばれモンスター!

    俺に好きなもん、好きなだけ喰わせろ!

    これじゃあ生きてる楽しみないぞー!

     

    さて。

     

    気に入った作家の本は全部読まないと気がすまない。

    僕はアガサ・クリスティの約百作品、すべて読もうと決

    めた。

     

    すでに3作読んだ。

    でも今のうちに整理しとかないと、と思い、アガサの攻

    略本を買った。

     

    スエーデンのヘニング・マンケルは全部読んだ。

    J・ディーボはまだ生きてるから全部は読んでないが、

    文庫本化された作品は全て読んだ。

     

    若い頃はミステリに興味が無かった。

    ミステリ読むのはヒマ人か、野性味に欠けた人間だと思っ

    ていた。

     

    歳を取り、僕はどうやら野性味に欠けた、ヒマ人になった

    みたいだなー。

    なんてね、冗談ですけど。

     

    英国人の生態、社会主義国スエーデン人の生態、自由の国

    アメリカ人の生態、理屈っぽいフランス人の生態。

     

    僕はミステリを通して、それらの国の生態なり、生きが

    いなり、主義主張なりを知りたい。

     

    「謎解き」にはたいして興味がない。

    だってミステリはそもそも作り物。フィクションな訳で。

    「謎解き」に、リアリティはない。

     

    ー 「好き」と「嫌い」 −

     

    誰も云わないので、敢えて云うけど。

     

    ビートルズが好きな人は、モーツァルトは嫌いなはずだ。

    別に、ビートルズと限定している訳じゃないけど。

    ストーンズでも良いんだけど。

     

    ビートルズの魅力は、モーツァルトの音楽には存在しない。

    ビートルズに比べたら、モーツァルトの「弦楽四重奏」だ

    ろうが、交響曲「なんとか」だろうが、それらは退屈なだ

    けだ。

     

    ベートーベンも、バッハも、シューベルトも。

    クラッシックは、だらだら長く、たいして面白味もなく、

    つまらない。

     

    僕にとってはね。

     

    「ビートルズとモーツァルトは、別のモンやないけ!

     お前、アホやろ!」

     

    お叱りを受けるだろう。でもね、僕は別のものとは思わ

    ない。同じ音楽ではないですか。

     

    では、ビートルズとモーツァルトを比べてはいけないの

    か? それはヒトの勝手でしょう。

     

    ー ロールオーバー・ベイートーベン −

    ( ベートーベンをぶっ飛ばせ )

     

    チャック・ベリーは冗談でこの題名を付けたと思います?

    僕は冗談ではないと思う。本気ですよ本気!

    「運命」より、僕は遥かに「ロールオーバー・ベイトーベ

    ン」が好きですけど。

     

    こう云う問題提起は必要だと思う。

    アレも好き、これも好きじゃ、人生が定まらない。

    僕はクラッシックもジャズも好きじゃない。

    僕が求めるものが、それらの中にはないからだ。

     

    それでいいと思ってる。

    好きな音楽と好きではない音楽がある。

    何故か世の中は、このことを認めない。

     

    クラッシックが好きで、ジャズもロックも嫌い。

    ジャズが好きで、クラシックとロックは論外。

     

    こう云う人は信用できる。

    きっと確かな耳と見識を持ってる。

    アレも好き、これも好きは、どうにもならない。

    ご勝手にどうぞと、云うしかない。

     

    ー 偉そうに云ってるけど −

     

    「こだわり」が、人生を美味しくする一番のスパイ

    スでしょう。

    他人に左右されず、でも他人と一緒に楽しく生きる。

    矛盾してそうでしてない。

     

    一本として真っすぐなハイウェイはない。

    デッドはそう歌ってる訳で。

    信じて、キープ・オン・トラッキン!

    一歩づつ前に。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955964