RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 何でもかんでも疑え! | main | ヘミング・ウエイから谷崎へ >>
才能ある奴はゴマンとおる。
0

    10月31日   晴れ   起床6時

     

    朝食   玉子巻き

         オジヤ

         ナスと牛肉の赤ワイン煮

     

    昨日の午前中は、「半袖・半ズボン」と、「長袖・長

    ズボン」の入れ替えに汗を流した。

     

    夏物の何着かは、一度も着ないまま仕舞った。

    何か、哀しい。

    やっぱ、服は着てやらんとね。

     

    ー 気になったひと言 −

     

    「ユー・チューブやネットやってるのは、みんな貧乏

     人ですよ」

     

    そう云われてもなー、まあ、僕は貧乏人だけど。

    でも、もしそうなら、なんでネットに保守が多いの?

    貧乏人の味方共産党が増えても良いわけじゃん。

     

    「ネットのせいで英国がEUを離脱した」

     

    EUを離脱せんほうが、よっぽどアホやと思うけど。

    これで英国はEUの属国から解放される。

    自国の法律より、EUの法律が優先されるなんて、考え

    ただけで寒気する。

     

    ー 金曜日、朝のフジ・テレビで松本人志が −

     

    「ユー・チューブがテレビを上回るのは、制作の才能な

     んか考えると、まだ無理でしょうね」

     

    これは違う。

    松本さん、残念。

     

    テレビより、遥かに、ユー・チューブの方が面白い。

    僕はそう思う。

     

    ー 「製作する人たちの才能」って、一体、なに?ー

     

    ベートーベンやモーツァルトの方が、ジョンやポールや

    キースより、作曲する才能が有ると、そう云ってるよう

    に聞こえるけど。人間は知らん間に、権威主義になるん

    やなー。

     

    まあ、吉本を守りたい一心で、云うたのかもしれん。

    世の中には、まだまだ面白いことが一杯ある。

    テレビはその一部で、全てじゃない。

    「吉本興業」と「ジャニーズ」が、明日無くなってもど

    うと云うことはない。地球は知らん顔して回り続ける。

     

    ー 10月始まりの手帳を買う事 −

     

    金沢大和デパート7階。

    紀伊国屋書店で先日、手帳を購入した。

    それ以外に、ビジネス用手帳も探したが、気に入ったのは

    なかった。

     

    兎に角、歳を取るごとに、身辺をビシッとしたくなる。

    ビシッとさせてくれるものなら、何でも買う。

    去年買ったビジネス手帳は、24時間の記録を僕に強いた。

     

    「私は今日6時に起き、朝食はこれを喰い、何時から何時ま

     でものを考え、夕食にはトンカツを喰い、8時からプライ

     ム・ニュースを観、10時半には寝ました」

     

    これを1月から10月終了の今に至るまで、一日も欠かさず

    書き続けている。

    で、何が変わったかと云えば、書斎にいる時間が増えただ

    けだ。

     

    体重は変わらないし、頭の中も変わらない。

    これでは時間の無駄だ。

    今回は自主規制を課した。

     

    「詩的でないことは書かなくていい」

     

    これからの一年を、「詩的」に生きようと決めた。

     

    ー 昼食時、やたらとカツ・カレーが喰いたかった。

      サクッとしたコロモの感触、熟成されたルー、

      マッチ擦る束の間、僕はカレーの海で、のたうち

      回りたかった。嗚呼、のたうち回れる国家はあり

      や!

      

      そして午後1時半。僕は現実に引き戻された。

      生キャベツと福神漬けが眼前にあった。

      これは金沢・カレーと呼ばれているが、それでい

      いのだろうか。

      

      チャンカレ・ジャンボ!僕は叫ぶ、チャンカレ・

      ジャンボ!嗚呼、チャンカレ・ジャンボ!

     

      チャンピオン・カレーライス・ジャンボ!

      黙っていてもカツは乗って来る。

      

      午後2時。

      僕は机に向かい、ブログを打ち始めた。

      が、眠さに負けた。

      もう、頭の中は空だった。

     

      午後3時。

      僕は他の従業員の迷惑にならぬよう帰宅した。

      秋の風は知らぬ間に、冬の風に変っていた。

     

    まあ、こんなんは弱るけど。

     

    世の中には、才能ある奴は一杯いる。

    ミケランジェロも、ロダンも云うとる。

     

    「石切り職人や炭鉱夫は、見事な仕事を成している」

     

    今は、誰もが持てる才能を発揮できる。

    目標やしっかりした目的を持てば、相当に戦える人が

    大勢いると思う。

     

    「やるか」「やらないか」

    違いはそれだけだ。

     

    日本人は戦前から能力主義でやってきた。

    朝鮮人であろうが、満州人だろうが、台湾人だろうが、

    才能があれば誰でも出世出来た。

     

    日本人は「家に金が無かったから東大に行けなかった」と

    弁解できない。何故なら、村の人や、親戚や、父母が、無

    理してでも金を作り、彼を東京に送り出したからだ。

     

    能力主義だから良いとは限らない。

    頭のいい奴だけが良い思いをしてもらっては困る。

    そこから生まれたのが「森の石松」であり「フーテンの寅

    」だ。

     

    「頭が良い」は、決して「幸せ」に直結しない。

    「能力主義」は究極の目的ではなく、所詮、方法論だ。

     

    あれだけ美人に恋をした寅は幸せだし、廣澤寅蔵に語って

    もらえた石松もまた幸せだ。

     

    「生まれて良かったな」と思えれば、人生は成功ですよ。

    例え女にモテなくても、醜い顔でも、極悪の性格でも、

    「まあ、こんなもんやないかな」

    そう思えれば勝ちです。

     

    分かった様に云ってるけど、なーんも分かってない。

    はいな、ずっとアホですから。

    フーテンの寅より、遥かにアホですから。

    これだけは自信あります。

    恥のオン・パレード。

    それでもデカい顔してますから。

    すみませんなー!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     午後1時半、僕はカツ・カレーを喰い終わりテーブルから離れ、レジに向かった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955965