RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 才能ある奴はゴマンとおる。 | main | ハイパイをリーパイしたらテンホー! >>
ヘミング・ウエイから谷崎へ
0

    11月2日   晴れ   起床5時

     

    昼食    カレイ塩焼き

          治部煮

          巻き寿司

     

    ”木曜クラブ・バンド”に、若く可愛い女の子が差し

    入れをもって現れた。

    そう書くと多少誤解を生むかな。

     

    詳しくは「女の子」ではなく「女の人」だけど。

    オジン達にとって彼女は「天使の如く可愛い女」で

    あり、彼女が練習を聴いてる間は、皆大いに張り切

    った。

     

    「なんでケーシー・ジョーンズやらんでん?」

    彼女が帰った後、ベーシストが僕に云った。

     

    その気持ち良く分かる。

    でもねー、彼女はデッド知らんからね。まあ、普通は

    そうやわな。

     

    でも、ベーシストは彼女に聴かせたかった。

    いいよねー、こう云う強引な感覚。これがないとバンド

    はやれん。

     

    ー マニアックを強引にやり切る −

     

    これは大事。こう云う思い込みと姿勢は、基本だろう。

    その迫力があれば、人は聴きに来ると思う。

     

    その日は練習が終わってもみんなハイで、遅くまで酒を

    飲んだ。僕は次の日も、その次の日も、ボーッとして過

    ごした。

     

    金曜日は、ソファに寝転び、アガサを読んだ。

    読んでる内に何度も爆睡し、何度も前に帰って読み返し

    た。外出する馬力は無く、冷蔵庫の残り物を喰った。

     

    肉体は中々回復しなくなった。

    この頃は酒がこたえる。

    飲んだ翌日はボロボロだ。

     

    ー 昨日、68歳になった −

     

    73歳の男と良く話すが、彼は73歳が好きなことに

    打ち込める限界だと云う。

     

    「家から出たくなくなるんや。外に出ると疲れる」

     

    定年後、彼は釣りに打ち込んだ。

    年中、車であちこちの釣り場をまわった。

     

    「それが、だんだん、どうでも良くなってきた」

     

    限界は73歳だ。

    戦後生まれはその辺りで体がついてこなくなる。

    悲しいなー、もうすぐやないか。

     

    「老人と海」は目の前か?

    ヘミング・ウエイは61歳で自殺した。

    息子が原因と云われてるが、体が限界だったと思う。

    でなければ「老人と海」を書くはずがない。

     

    でも、僕は米国人ではない。

    「黄昏れ」たくはない。

    ソロソロ、ヘミング・ウエイを卒業しよう。

    日本には目指すべき作家がいたやないの。

     

    谷崎潤一郎!

     

    「痴人の愛」の谷崎やがな。

    「瘋癲老人日記」やがな。

    不能になってもスケベやった男。

     

    これで行けばいいんじゃないの。

    「金やるからお前の脚さわらしてくれんけ」

    これですよ、これ。

    生きてる内はスケベで行きたいね。

    ねえ、皆さん!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955966