RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ヘミング・ウエイから谷崎へ | main | アナーキーを生むつもりか! >>
ハイパイをリーパイしたらテンホー!
0

    11月4日   晴れ   起床7時半

     

    午後3時の間食

          

        温泉卵 肉団子 牛乳

        玄米パンのトースト

     

    毎日が鉄板飛ぶように過ぎる。

    金属的に?

    そんなイメージね。

     

    俺はジャンピン・ジャック・フラッシュかいな。

     

    ー 雷が鳴って急に雨が降って来た。庭師のジャックは

      慌てて生け垣を飛び越え、走って雨をよけた −

     

    それを見ていたミックかキースが、「ジャンピン・ジャッ

    ク・フラッシュ」の詞を書いた。

    多分、本当だろうね。

     

    歌詞はそんなんでいい。

    お堅いのやら、キレイなのやら、想像妊娠やら理想やら、

    パスやな。

     

    ー アガサ・クリスティー、「アクロイド殺し」 −

     

    この作品は、ポアロ・シリーズの第3作目。

     

    一作目は「スタイルズ荘の殺人」、2作目は「ゴルフ場殺

    人事件」、そして「アクロイド殺し」になる。

    原題は「ザ・マーダー・オブ・ロジャー・アクロイド」

     

    アガサの凄さと云うか、何と云うか、怖いもの無しと云う

    か。彼女は3作目にしてポアロを隠居させ、相棒ヘーステ

    ィングスを南米アルゼンチンに住まわせた。

     

    シャーロック・ホームズにワトソン。

    それに習い、ポアロにヘースティングス。

    前2作でようやく安定した形を、彼女は3作目にぶち壊し

    た。

     

    おまけに犯人が「どぅえ!」な人で、それはいくらなんで

    もフェアじゃないと、賛否両論巻き起こした。

     

    でも、僕がビックリしたのはそこではない。

    語り部のシェパード医師と、彼の姉のキャロラインが、村の

    友人達とゲームをする下り。

     

    なんと、そのゲームはマージャンなんです!

     

    うそっ!と思ったけどね。

    シェパードとキャロラインと村人は、R・アクロイドを殺し

    た犯人に関する情報をやり取りしながら、マージャンを楽し

    む。

     

    「あっ!さんぴんポン!」

    彼女は反射的にポンをした。

    「あっ、間違いね、チャウだ」

    「チャウではなく、チーだと云う人もいるね」

     

    なかなか詳しいぞ。

    訳した人がサービスしたのかな?

     

    キャロラインは密かに大三元を狙っていた。

    二元はすでにポンしている。

    「それ当たり」ジャネットが安い手で上がった。

    「もっと高い手にしなさいよ!」

    キャロラインは文句を云った。

     

    そして次の局、シェパード医師は物凄い手で上がる。

     

    彼は理牌した。あっと思った。配牌で彼は上がっていた。

    「天和だ!こんなのは初めてだ!」

     

    アガサはかなりマージャンに詳しい。

    僕ウレピン!

     

    なんてダジャレてる場合じゃない。 

    世界的な作家は手を抜かない。

    ディテールがしっかりしている。

    出来れば「メンタンピン」で上がって欲しかったが。

     

    だいたい3日で2冊のペースで読んでる。

    慌てる必要はないんだけど。

    でもね、読めない事情がいつ起きるか分からないし。

    読めるときに読む。

     

    ー 今日の北國新聞に寄れば −

     

    今年は雨が少なくマツタケなどキノコは不作とか。

    マツタケは例年より10日遅れて市場に出た。

     

    「11月6日からカニ解禁や、市場の注目はカニに移る」

     

    そう、カニ解禁ですよー。

    オスは高くて手が出んけど、メスの香箱なら大丈夫。

    カニのシーズンとなると冬ですよ、ドップリ冬。

     

    毎年、11月6日には「大根寿司」を漬けた。

    去年は母も僕も体力がなくやめたけど。

    「毎年、6日頃にアラレが降るから」

    寒い日に漬けると旨味が増すと母は云った。

     

    情けない息子や。

    母は「大根寿司」を漬けたいだろうに。

    僕も家の「大根寿司」を喰いたい。

    喰いたいけど。

     

    「大根寿司」を漬ける歌を作ろう。

    それなら出来る。

    プロディガルサンでも。

     

    その為のキリギリスやないか!

    叱咤激励する日々やなー。

    何か、バチ当たっとるんやわ。

    そんな気がする。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 20:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    ごめん m(__)m 
    タイトルが「パイパイをモーパイしたらタイホーッ」 
    に見えてしまって、笑ってしまい済まんことでした。 
    忠平さんのことではなく、我がことのようで・・・ 
    「自摸ドラいち」では安すぎて、あがる気がしなくて 
    スーソを切って振りテンに、次順イーソをつもって 
    「自摸平和純チャン三色イーペーコウドラいち」 
    「メンタンピン」も好きですが、こんなことも思い出しました
    | 本町T. | 2019/11/06 12:53 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955967