RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ハイパイをリーパイしたらテンホー! | main | ロックンロールの敵は共産主義。 >>
アナーキーを生むつもりか!
0

    11月5日   晴れ   起床4時

     

    朝食    芝寿司

          豆腐入り・中華スープ

          ショート・ケーキ

     

    眠りが浅いのか、午前4時前に目が覚めた。

    朝食に、妹がくれた芝寿司とケーキを食べる。

     

    妹は定年を過ぎても教師を続ける。

    金沢でひとり暮らし。ひとりではなく二人かも知れ

    ないが、僕も母も訊かない。

     

    髭を伸ばしてみた。

    鏡を見ると、昭和初期の田舎のジジイだった。

    良く云えば、太った高村光太郎か?

    まあ、年老いた田山花袋でも良いんだけど。

     

    「ワイルドですね」

    バイトのH君は一目見てそう云った。

    H君はスカスカのロン毛に、白く伸びた髭を生やす。

    歳は60歳ぐらいなので、どうひいき目に見てもホーム

    レスに見える。

     

    「ホームレスにワイルドと云われてもなー」

    H君は何も云わなかった。

     

    ー 今の公職選挙法は知らないけど −

     

    昔は訪ねた家の敷居から、1メートル離れていれば話が

    出来た。なんともアホな法律や。

     

    母の姉が国政選挙に出た時。

    応援してくれている村の人達が、戸別訪問に行くと聞い

    て、村に住んでた叔父は、その人達にバス賃を渡した。

     

    彼らが戸別訪問した家は、別の候補の熱心な支持者だっ

    た。そのことに気付かず、敷居をまたぎ通報され、彼ら

    は逮捕された。

     

    バス賃を渡した叔父は首謀者と見られ、1か月間勾留され

    、がりがりに痩せて警察から帰った。

     

    これが公職選挙法だ。

     

    こんな法律、いつまで守るのかね。

    誰か、人間らしい法律に変えてくれや!

    憲法9条を変えられない国は、何も変えられんのか!

    何が公職選挙法だ!

    弱い者いじめしとるだけやないか!

     

    ー もうひとつ −

     

    或る小松市長選の時。

     

    親父は新人候補の応援をした。

    現職は森喜朗氏が応援に付き、誰が見ても新人候補は

    不利だった。

     

    選挙が終わり開票になった。

     

    両陣営から代表者がひとり選挙管理委員会で、投票結果

    を確認せねばいけなかった。

     

    新人候補の側から親父が出た。

    現職側からの代表者には、選管からお茶が出た。

    親父には出ない。

     

    開票が進み、以外にも新人候補は票を伸ばし、現職にみる

    みる差をつけた。

     

    「その途端、わしにもお茶が出たんや」

     

    親父は笑った。

    選挙管理委員会も人の子。

    まあ、忖度と云うか、決めつけと云うか、人間やから。

     

    その選挙の終盤。

    新人の陣営の金庫は、ほぼ空になった。

    親父を含めた男三人は銀行に借金を申し出た。

     

    「すぐに5千万貸してくれ!」

     

    男三人は自宅を抵当に差し出した。

    選挙に勝ったから良いが、負けてたら我が家は地獄だっ

    た。何故男が選挙に狂うか、僕はその時分かった。

    選挙は「命がけの博打」だ。

     

    それにしても、この国は何も変えられない。

    戦略なり、目標なりが、全く無い。

    改革には必ず「負」が付いてくる。

    「負」をゴタゴタ云ってたら、前には進めない。

     

    つまらない政治だ。

    もっとワクワクさせろ!

    何もかもがジリ貧じゃないか。

    自民党もこれまでかな?

    オリンピック終わったら灯が消えるぞ。

    まあ、そんな先のことはどうでも良いか!

    それでは、またね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955968