RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アナーキーを生むつもりか! | main | 11月だ!浅井康太だ! >>
ロックンロールの敵は共産主義。
0

    11月7日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    肉うどん

          玉子巻き

     

    5日の火曜日は酒を飲みまくった。

    「えびすや」「月光亭」「カンソ」

    ストレスを溜めるのは良くないから。

    なんてね。

     

    少し加減して飲んだので、翌日は二日酔いにもならず、

    多少の吐き気ぐらいですんだ。

     

    午後になると吐き気も消えた。

    そうなると、日常食(?)としているミステリが足り

    ない。自転車に飛び乗り本屋へ。

     

    アガサの定番中の定番「オリエント急行の殺人」を買

    う。

     

    原題は

     「マーダー・オン・ジ・オリエント・エクスプレス」

     

    英語は良くわからんけど。

    この「オン」がいいね。「オブ」じゃなくて「オン」が。

    だから日本語の題名も「オリエント急行殺人事件」じゃ

    なくて、「オリエント急行の殺人」なんだろうな。

     

    結末はあまりに有名だ。

    でも、読みだすと、今まで観た映像とは違った。

    アレッポ、イスタンブール、カレー、どこかで出会った地

    名が次々現れる。これは楽しい。

     

    殺される運命の男から「俺を守ってくれ、ポワロ!金はい

    くらでも出すから」と依頼がある。

    ポワロはすぐに断る。

     

    「大金だぞ、どうだ、200万は出すぞ!」

    男はしつこくポアロに迫る。

     

    それでもポアロは取り合わない。

    「何故だ!ポワロ、理由は何だ!」

    その答えがこれ。

     

    − 私はあなたの顔が嫌いだからです! −

     

    いっぺん云うてみたいわ。

    気持良いやろなー。

    云われるのは嫌やけど。

     

    巻頭の解説にもあるが、1933年当時の旅は今とは違い

    、何が起こるか分からなかった。

    そして、同じ汽車や汽船に乗り合わせた者同士は、かなり

    交友したらしい。互いに知らん顔してる今の旅は、旅とは

    云えないのかも。

     

    それ故、他人の顔つきや所作には気つけた。

    同席する相手が、どんな人間なのかの観察を、決して怠ら

    なかった。それを含めて旅だった。

     

    ユーゴスラビアの山中で、汽車は雪に突っ込み動けなくな

    る。おまけに殺人が起きる。

    通信手段はない。さあどうする、ポアロ!

     

    眠る前にBS1の「世界のドキュメント・壁を崩したロッ

    ク」を観る。

     

    2017年製作。

    ゴルバチョフ、カーター元大統領に、ソビエトで地下活動

    した地元ロックミュージシャンも多数登場した。

    彼らは口々に云った。

     

    ー 俺たちの最大の敵は共産主義だった −

     

    なんともまあだけど、そうなんだから笑える。

    政府は、若者たちが米国のロックを聴かない様に、最後は

    国営のロック・バンドを作り、国営の劇場でライブさせた

    りね。

     

    ー ロックは共産主義の敵であり、自由の象徴だった −

     

    日本は違うなー。

    どっちかと云うと、共産主義に近い人がロック界には多

    い。おかしいでしょう、そんなんは。

     

    ー 左ばっかりで右はおらん −

     

    ゴルバチョフやカーターが「ロックンロールが壁を崩し

    た」と云ってるけど、日本はどうかね?

    日本の政治家に、特に左翼政党に、そんな認識の人いる?

     

    ー いないわな −

     

    大いにズレてる訳で。

    まあ、これくらい世界からズレてると、日本の左翼はひょ

    っとしたら、コテコテの保守かも知れんなー。

     

    もっと自由にものを云えるようにせんと。

    愛知ビエンナーレ問題では、表現の自由を叫ぶくせに、

    違う意見は断固封殺なんて根性が曲がってる。

    もっと互いに議論せんといかん。

    「憲法」云うただけで、「ダ・ダ・ダ・ダメー!」じゃ、

    これアカンでしょう。左は「独裁」が好きやからなー。

     

    僕はそれよりも、「嘘の歴史」が嫌や。

    戦前を「真っ暗闇」なんていう奴はアホや。

    戦前が真っ暗闇なら、日本は誕生した時から真っ暗闇や。

     

    そんなことは無いでしょうが。

    戦後70数年、左翼は好き放題したんやから。

    でもね、そんな時代は過ぎたんですよ。

     

    立派に愛国な、リベラルな国をつくって下さい。

    それなら文句云いません。同調もしませんが。

    せめて、せめて、愛国左翼を!

    お願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955969