RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックンロールの敵は共産主義。 | main | 云うたれ云うたれ! >>
11月だ!浅井康太だ!
0

    11月11日   曇り   起床4時

     

    朝食   納豆

         野菜スープ

         ハム・エッグ

         御飯

     

    今朝、目覚めたのは午前2時。

    布団の中でNHKラジオ「特集・サトウハチロー」を

    聴いた。

     

    「嗚呼長崎の鐘は鳴る」

    歌は藤山一郎、作詞サトウハチロー、作曲は古関ゆうじ。

    出だしのメロディ・ラインが秀逸。

    布団からハネ起きる。

     

    古関ゆうじは天才だと思う。

    因みに「嗚呼栄冠は君に輝く」「六甲おろし」の作曲者。

    彼の作った曲は日本の宝だ。

    彼は日本人最高峰の作曲家。

     

    大きなヒントを得たかもしれない。

    さっそく試してみる。

    古関ゆうじとアラン・トゥーサンを合体させる。

     

    さて。

     

    あまりに運動不足なので福井競輪場に行った。

    半年振りじゃないかな?

    久し振りだからやり方を忘れてしまった、なんてね。

    まあ、事実そうなんだけど。

     

    予想屋の予想も買ってベンチに腰掛けた途端、天井から何

    かが落ちて来た。

     

    「もしかして?」

     

    ズボンにべっとり鳩のフンがついてる。

    「どふぃあ!」

    でもまた同時に「今日はウンがついてる」とも思う訳で。

    複雑な気分でトイレへ。

     

    「ウンがついてる割に当たらんなー」

    なんて思いながらも、感は冴えていた。

    その感は、最終レースにモノを云った。

     

    3連単2−7−3。

    配当は安く3700円だったけど、本線で的中。

    2車単2−7は1100円。

    この連単を狙っていたので、会心のレースだった。

     

    レース前に、各選手はコースを何週か助走する。

    その時に、これは走りそうだなと思う選手がいれば、僕は

    厚く買う。

    最終レース、一番良い走りをしたのが2番だった。

     

    2番のライン(連携)は7番・2番。

    2車単一番人気は、7−2で250円。

    裏の2−7は1100円。

     

    因みに、そもそも助走で目立つ選手はいる。

    トップクラスの浅井康太だ。

     

    彼の走り方は独特だ。

    他の選手は姿勢を低くする。ほとんどの選手がそうなのだ

    が、彼は「斜めに立って」自転車を漕ぐ。

     

    彼が作り上げた最高の作品がこのスタイルだと思う。

    助走を見ると、どうしても浅井を応援したくなる。

    あとは、北都留選手の走り方も面白い。

     

    次の日も福井競輪場に行った。

    二日続けて勝つことは無い。その日は歩こうと決めた。

    僕は福井駅から競輪場に歩いた。

     

    これがけっこう体にこたえた。

    30分近く歩いて無理だと思い循環バスに乗った。

    体を思えば、苦しんで歩くしか方法はない。

    今度はあと一つ向こうのバス停まで歩こう。

     

    ー 大相撲初日のエピソード −

     

    結び前、遠藤は豪栄道に勝った。

    「大関豪栄道に勝った遠藤関です」

    NHKのインタビュー室に遠藤は現れた。

     

    「5月には結婚され、今場所に対する意気込みをお聞か

     せ下さい」

    「一日一日、頑張って相撲取ります」

    「これからの目標は?」

    遠藤は小さな声で云った。

     

    「目標はありません」

     

    松井秀喜もインタビューは地味だったが、遠藤はその上

    を行く。我が石川県民は決して調子に乗らない。

    松井も遠藤も、古武士やね。

     

    今の季節は嫌いじゃない。

    そんなに寒くないし、暖かくもない。

    少しぼんやりしていて良い感じだ。

     

    夕暮れて、自転車で家に帰る頃、町の向こうの

    薄明るい空を見上げる。

    「生まれて良かったなーと思える頃かもな」

    ひとりごとを云ったりする。

     

    昨日はその時間、小松高校グラウンドに野球部員が数名

    いた。後かたずけをしているのか、手元は見えない。

     

    「東京行っても小松を忘れんなよ」

    顔の見えない野球部員に心の中で云った。

    「どうだ、生まれて良かったろう、良い季節だ」

    白く浮かぶ野球帽。降りてくる暗闇。

     

    前方に少し体を倒し、浅井康太は先頭を見ながら、タイミ

    ングを計った。前を走るラインはすでにバテている。後ろ

    はどうだ!誰一人来る気配は無い。

     

    もらった!

    彼は一気に加速した。

    「風除けの選手」を外から追い抜く。

    第4コーナーを回る。ど真ん中に躍り出る。

    ためらわず、もう一段加速する。

     

      故郷への道を 彼は疾走する

      あの光景 あの日の情景 飛んでゆく

      家へ 家へ 康太は 走った

      11月の 夕暮れの 道を  

      

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955970