RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 11月だ!浅井康太だ! | main | 何故か燃える僕ではある。 >>
云うたれ云うたれ!
0

    11月12日   曇り   起床7時

     

    朝食   野菜どっさりワカメ・スープ

         玉子巻き

     

    昨日の「ロック入門」は、メンタンピンの曲を教材に

    した。「これから当分は英語の歌は無しで行きます」

    受講生のひとりが「ようやくですね」と云った。

    なんでか知らんが、気が変わった。

     

    韓国経済が破綻しそうだとのニュースは、ネットに溢れ

    ている。LGが100万台の不良品を出したとか、ヒュン

    ダイの車が中国で売れなくなったとか、あれやらこれや

    ら騒がしい。

     

    日本は昔から、韓国経済は話題にもならなかった。

    韓国が崩壊寸前だとか、米国が引き上げれば焦土と化す

    とか、いつから日本はセコクなったのか。

     

    日本は弱いなー。

    特に外交は韓国の足元にも及ばん。

    日本と韓国のケンカは、日本が悪いとの風評が世界に広ま

    りつつある。すべて韓国政府の努力の賜物。

     

    「云われ放題」「やられ放題」「世界ののけもの」

    カッコ悪いなー日本。

    「金持ちケンカせず」は昔の話。

    今は「金もない、根性もない、ケンカも出来ず」や。

     

    韓国男性アイドル達のスラリとして屈強な体形に比べ、

    ジャニーズなんかじゃ勝てる訳もない。

    韓国アイドルはダンスだけでなく、歌もうまいし頭も良

    い。日本はチッコイは、ダンスは下手やわ、歌は論外だ

    から、話にならない。

     

    ー 取り敢えず、外交と文化は韓国の圧勝 −

     

    これすべて憲法9条第二項があるせいだ。

    ところがこの壁を破れないどころか、世界の遺産だと叫ぶ

    真性のアホが、文壇やらマスメディアやらに履いて捨てる

    ほどいる。

     

    ー 僕は思う −

     

    日本を好きになる前に、大嫌いになろうじゃないか!

    日本の嫌なとこを、片っ端からあげつらってみようじゃ

    ないか!

     

    嫌いじゃないから好きにもならない。そうでしょ!

    まあ、別に好きも嫌いも人の勝手だけど。

     

    子供や孫の為なんかじゃないぞ!

    子供や孫はどうでもいい。

    この俺が、今の俺が、嫌なんじゃこの国が!

     

    この不満を俺はロックにぶつけるからな!

    ざまあみろ!ポップス親父ども!ひっくり返してやる!

    メージャーセブンスに浸りきって、ボケてくたばれ!

    ロックンロールも歌えんもんが、何がポップスや!

     

    ー 笑って欲しいけど笑えんで −

     

    勝手にタユタっていろ!アホが!

    武蔵小杉の高層マンションで一生を終えるつもりか!

    その為に生まれて来たんか!

     

    ー あーーーー気持ちいい! −

    云うたれ云うたれ!文句云うたれ! −

     

    米国に云われた事しか出来んかったやろが!

    おまえや!自民党や!

    何が伝統と文化や!

    ほんとのこと云え!伝統も文化も知らんやろ!

    謡曲のひとつも謡えん者が、何が保守じゃ!

    黙っとれ!

     

    ー 云うたれ云うたれ! −

     

    今気づいたけど、「云うたれ云うたれ」って、アルバム

    タイトルになるかもね、ウヒヒヒ。

     

    やっぱ、競輪場のベンチで、鳩のフン浴びた「ウン」は

    大きいぞ。汚れたズボンは2度洗ったけど落ちんもん。

    「フン」ならぬ「ウン」はまだこびりついとる。

     

    ー 俺には「ウン」がついとるんやぞ! −

     

    なんともなー、ついに頭もイカレたかな。

    誰も相手にしてくれんなー。

    「ウン」やなくて「フン」やから。

     

    でも、アドレナリン噴き出してくるわ。

    人の悪口や文句云わんかい!ボケるぞ!

    おとなしすぎるんやて、俺ら。

    うさぎ年やろ。

     

    「年金もろて店じまい」かいな。

    地獄に堕ちるわ、そんなんじゃ。

    神様は見てる。お前のズルやら、グスを。

    正直者ぶってる奴は、昔から、地獄行きと決まってる。

    ハイな!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955971