RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 云うたれ云うたれ! | main | しあわせのドラミング >>
何故か燃える僕ではある。
0

    11月14日   曇り   起床6時

     

    朝食    豚バラと大根菜の炒め物

          納豆

          御飯

          りんご

     

    北日本は嵐の予感。

    北海道全土に今日は雪が降るとか。

    北陸も油断できない。

     

    吉本興業のお笑い芸人が闇営業をやったとか。

    喰えなくてバイトしてるのがほとんどだとか。

    そんな話をテレビで聴くにつけ、「お笑い界」は相当に

    恵まれてると思う。

     

    「バンドの世界」はどうだ?

    惨憺たるものだ。

    まともに食えてるバンドがいくつあるだろうか?

    それでもバンドやる人は増えている。

     

    ところで、日本のバンドは米国では活動出来ない。

    組合(ユニオン)に入ってないからだ。

    レコーディングも極秘だし、昼間はスタジオを使えない。

     

    米国はユニオンの国だ。

    ミユージシャンも俳優もスポーツ選手もスタッフも、みな

    ユニオンに加盟している。

     

    日本プロ野球の選手はユニオンに入っているか?

    そもそも野球協約かなんかで、選手は組合を作っちゃいけ

    ないんじゃないか。

     

    「プロ」と呼ばれて一段高い場所に上がったつもりでも、

    「プロ」なんて言葉は詐欺まがいの、素人をビビらせるだ

    けの、たわいもない言葉でしかない。

     

    喰えるから「プロ」ではなく、「プロ」として組合に加盟

    して初めて「プロ」だと思うけどね。

     

    お笑い芸人も、ミュージシャンも、スポーツ選手も、誰も

    組合には入っていない。

    何の保証もなく、仕事をくれる側の言いなりは、昔から変

    わらない。

     

    どうしてこうも日本人は自分の足元を見ないのだろう。

    スポーツ、音楽、演劇は、いや多分ほとんどが、放っ

    ておかれている。明治維新以来ずーっと。

     

    ー なんか、リベラル左翼みたいに話してるな −

     

    日本の政治形態、統治機能、自由業の組合がない事。

    これらは皆、米国を参考にすれば、100年前に改革出来

    たことばかりだ。

     

    うがってみれば。

    この国は明治維新の開国以来、絶対に米国の真似はしな

    いと心に決めた如くだ。

     

    開国させたのは米国。

    占領したのも米国。

    なのに、道州制を消し去り、警察署長や教育委員長は選挙

    で選んだり、ユニオンを作ったりすることは何一つ真似し

    ない。これ、おかしくないか?

     

    ー 何故これほどに米国を避け、英国や欧州にあこがれ

      続けるの? −

     

    イオンなどの大型郊外店が町を破壊したと、訳知り顔に

    アメリカを非難する人間が多い。(その実、自分は大型

    店を毎日利用している)。

     

    大型店の進出によって、町の小規模店は潰れただろうが、

    それは米国だけではなく、英国もEUも、世界中で起きた

    事だ。

     

    それをもって、米国のやることは許せないと、大声上げて

    も仕方が無い。大衆は残念ながら大型店を歓迎した。

     

    いやはや、話はアチコチ飛んだが。

    どうも日本の政治家や高級役人はヨーロッパ一辺倒のきら

    いがある。

     

    ー 特に大馬鹿なのは立憲や国民民主の政治家達 −

     

    アメリカ型のユニオンを本気で広めて、ミュージシャンや

    スポーツ選手たちの味方になっていれば、今のような体た

    らくは影も形もなかった。

     

    左翼は、主義主張には燃えるが、その本筋たる組合を全く

    気にも留めていない。

    国民を守る気概が全く無い!

    自分達の所有する、有難い武器に気付いていない。

     

    ー 話をもっと簡単にしよう −

     

    野党政治家が頑張れば、日本はアメリカ型の民主主義を手

    に掴める。自分達が、自分たちの住む町のトップを決め、

    自分達がその責任を取る。

     

    何事もすべて「お上」に頼る国は捨てよう。

    その為なら、与党も野党もない。

    強くて、優しい国に、僕は生きたい。

     

    虚無を気どる保守系思想家はいらない。

    「虚無」もまた、アキラメと云う逃げ道だから。

     

    ロックを日本の文化にしたいね。

    俳句と並ぶ庶民の楽しみに。

    それだけですね。

     

    ユニオンの話をしたのも、冷静にこの国の音楽家やスポー

    ツ選手の境遇を考えたから。

    このままでは韓国に確実に抜かれる。

     

    日本の20倍の文化予算を使う国にどうしたら勝てるか。

    韓国が憎いんじゃない。

    みじめな日本は嫌だから。

    断固、拒否だ!

    日本を舐めてはいかんぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955972