RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 何故か燃える僕ではある。 | main | 核もミサイルも時代遅れ? >>
しあわせのドラミング
0

    11月18日   曇り   起床6時

     

    昼食    ハンバーグ

          山盛りキャベツ

          野菜の味噌汁

          玉子巻き

          御飯・少々

     

    4・5日、伊豆に滞在した。

    昨日16日、帰宅の為、稲取から熱海へ。

    「こだま号」で名古屋へ行き、「ひかり号」に乗り

    換え米原に向かった。

     

    名古屋は暑かった。おまけにホームは大混雑。

    いやー、土日に移動するもんじゃないなー。

    世の中はまだまだ観光シーズン真っ只中だ。

     

    伊豆にいる間も髭は剃らなかった。

    新幹線の手洗い場の鏡で顔を見た。

    ゴッホの「郵便配達夫」みたいな顔だった。

     

    知性は欠片もなく、そこには痴性のみがあった。

    「俺ってこんな顔なのかなー」

    68歳になっても、自分を客観視出来ない。

    まあ、だから、平気な顔して暮らせるんだろうね。

     

    僕は週に1度くらいしか酒を飲まないが、鏡の僕は毎日

    酒浸りな顔だった。顔がアホっぽいのは悪くはない。

    チマチマした顔よりはマシだ。

     

    ー 伊豆で一曲作った −

     

    どうしてもやりたいイントロが浮かんだ。

    曲にしたくなって歌詞も書いた。

    「歌詞も」と云うくらいで、やりたいのはイントロダク

    ション。歌詞の主人公の名前は「ノンちゃん」にした。

     

    能年玲奈の「ノン」ではなく、伊豆で飼ってる猫の名前。

    このオスのドラ猫はエライ凶暴な奴で。

    捨てられて彷徨っていたのを保護されたんだけど。

     

    一緒に保護された兄弟はすぐに死に、この「ノン」が生

    き残った。

     

    すぐに噛みつく。

    かと思うと、ケツの穴を僕の顔にくっつけて甘える。

    どうでも良い時に、僕の横でゴロを吹きまくる。

     

    何か、長生きしそうな気がしない。

    表に飛び出して車に轢かれて死にそうだ。

    馬力があり過ぎる。

    僕は「かっ飛び野郎」と陰では呼んでいる。

     

    娘は両手をキズだらけにされた。それでも可愛くて、

    「ノンちゃん、なんで凶暴なの、あなたは」

    なんて、猫なで声で撫ぜにかかり、やっぱり噛みつかれ

    る。

     

    僕がパクりたくなったイントロの曲は。

    ジェシー・エド・デービスによる

     

    エブリナイト・イズ・サタディナイト・フォー・ミー  

     

    「LAのトパンガキャニオンのライブハウスで、毎夜白熱の

    演奏が繰り広げられた」

    アルバムのライナー・ノーツに、増渕ひでき君がそう書い

    ていた。

     

    マイクル・コナリー著「ボッシュ・シリーズ」で。

    「ボッシュはトパンガキャニオンを車で通り抜けた」

    とあった。

    なんかね、うれしかったなー。

    行ったことは無いけど、忘れられない名前ね。

     

    ー 「サッチ・ア・ロンリーナイト」 −

     

    この曲のAメロは「エブリナイト」と同じ。

    E−C♯minorーA7−E

    イントロはフォスターの「オー・スザンナ」に似せた。

    E−A♭・A−B・GーE

     

    いつの間にか、70年代の頃に戻っている。

    知識も、感性も、何もかもが。

    全く成長しなかった。

    それで良いんじゃないの。

    時流に合わす気はない。

     

    そんで、歌詞はこうだ。

     

    ー テキトウに 仕事は切り上げようぜ

      テキトウに 社長に胡麻をすってさ

      テキトウに 真面目な顔してさ

      すぐに家に帰ろう ノンちゃん 待ってる

     

      ノンちゃんと ずっと 暮らしたいなー

      そうなったら 最高なんだけどなー

      幸せの スネア・ドラム バシバシ 鳴らすぜ

     

      ハッピネス・イズ・ザ・ドラミング あ・はーん

      ハッピネス・イズ・ザ・ドラミング あ・はーん

      ハッピネス・イズ・ザ・ドラミング ぼん・ぼーん    −

     

    幸せに、きっとなりましょうね。

    えっ!もうすでに、幸せですか。

    素晴らしい!良かったねー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955973