RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< しあわせのドラミング | main | 日本晴れで行きたいぞ! >>
核もミサイルも時代遅れ?
0

    11月19日   曇り   起床8時

     

    朝食    もやし山盛り炒め

          味噌汁

          玉子巻き

     

    日曜日の産経の一面だったと思うが、なかなか面白い

    記事が載った。

     

    新聞を捨ててしまったので正確ではないが、読まなかっ

    た人の為に書いておく。

     

    日本政府筋の発表。

    わが国は、高周波マイクロ波(?)の開発を急いでいるら

    しい。その「何とか」が完成すれば、ミサイルの指示電波

    を断ち切ったり、狂わせたり出来る。

     

    当然、他の国も開発を急いでいる。

    もしその機械が完成すれば、ミサイルは全く脅威ではなく

    なる。

     

    例え数百発のミサイルが同時に飛来しても同じこと。

    マイクロ波を当てれば全てのミサイルの指示電波が狂う。

    これで、中国、北朝鮮の核・ミサイルの脅威は皆無とな

    る。

     

    まさかこのことに反日野党は反対しないだろうが、国内

    にいる中国や北のスパイやテロ分子は、機械の破壊に全

    精力をつぎ込むだろう。

     

    これ以上の「ザマーミロ!」はない。

    完成を心より願う。

    くれぐれも夢物語で終わらぬように。

     

    ー たまには日韓問題を −

     

    GSOMIAがもうすぐ打ち切りになる。

    テレビはそのことに明け暮れている。

    ムンさんは「日本との信頼が崩れた」とおっしゃる。

     

    日本も完全に信頼がなくなった。

    兼六園を訪れた韓国からの観光客は、8割減となった。

    でも、敢えて云うけど、韓国に口出ししても意味はな

    い。無駄にエネルギーを使うだけだ。

     

    問題は日本だ。

    韓国においては「反日種族主義」なる親日本が売れた。

    「韓国人はそもそも嘘つきだ。嘘に嘘を重ねる」

    これは韓国において、なかなか言えることではない。

     

    問題は、「反日種族主義」に対し「嘘を書き過ぎている」

    と、批判する日本人の学者が大勢いること。

    これがどうにも、僕には理解出来ない。

     

    これじゃどう考えても、「戦前の日本は悪いことをした」

    と云ってるのと同じ。よーく考えてから、彼らはテレビで発

    言してるのだろうか?

     

    「日本人、並びに日本軍はアジアで悪事を働いた」

    そう思っているのかいないのか、はっきりして欲しい。

    ここがグズグズだと、すべてがアヤフヤになる。

     

    「韓国民は嘘を信じてるが、日本人は信じていない」

    ひょっとして、そう思ってるんじゃないか?

    「日本人も嘘を信じているかもしれない」

    何故、そう思わないのだろう。

     

    戦前の軍人や政治家を馬鹿だと信ずる根拠を与えたのは、

    一体、誰なのか?

    日本人より、進駐軍やマッカーサーの云う事を、何故信じ

    られるのか?   

     

     ー 日本人はそんなに嘘つきか? −

     

    反日が何故いけないかと云えば、そうすれば、互いが不信

    になるからだ。反日は決してあってはいけない。

     

    互いが信頼できなければどうなる?

    国はなくなる。

     

    三島由紀夫と東大全共闘の討論が噛み合わなかった理由は

    唯ひとつ。

     

    ニヒルぶった学生の発したひと言。

     

     「俺は日本人じゃないからさ、ウヒヒヒヒ」

     

    三島はあきれて言った。

     

     「君は僕から見れば、れっきとした日本人だがね」

     

    日本人ではなく「俺は世界市民だ!」と云いたい訳で。

    いくらあの時代でも、相当にカッコ悪い。

    まあ、放って置くしかない。

    そんな政治家は今もゴマンといる。

     

    三島が割腹した時代と、何か変わったの?

    何も変わっちゃいないな。

    世の中は今も反日分子ばかりだ。

     

    これじゃ、やってられない。

    なんて思うけどなー。

    気分が良いんだろうな、反日だと。

    如何にも正義ずら出来るしね。

    「俺は正しいのだ!」
    ご勝手にどうぞ。

    充分にカッコ悪いけどね。

    わかんねーだろーなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955974