RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 人に秘密あり。 | main | ちょっとした場面 >>
先人の夢こそ我が夢
0

    11月25日   雨   起床5時

     

    朝食    もやし・キムチ炒め

          納豆

          御飯

     

    土曜日は天気に誘われ、梯川の土手を歩いた。

    これがまた、久しぶりだったので苦しかった。

    背中から腰への筋肉が突っ張り、体を前かがみにさ

    せる。

     

    要するに、「年寄り歩き」にさせようとする訳で。

    確実にどっかの筋肉が弱っている。

    背中を曲げて、杖をついて歩けば楽だが、それじゃ迷う

    ことなき老人だ。それはヤバイ。

     

    でも30分も歩くと歩幅が広がった。

    翌日曜日は調子に乗り、福井競輪場に行ってベタ負けを

    喰らった。アホで〜す。

     

    まあ、なるべく体を動かしたい。

    ダイエットはそもそも筋肉を無くす。僕のような腹を引っ

    込めたいだけの者は、やっぱ運動が一番。

     

    運動と実益を兼ねて、ダスキンのモップを、廊下や玄関に

    掛けることを思いついた。

    どうです!これは良いアイデアでしょう。

     

    僕は朝食後の、眠くなって来る頃を狙ってモップを握る。

    廊下と玄関に加えて、書斎、トイレ、脱衣所、もう板の

    間ならどこでもモップを掛ける。

     

    毎日モップを掛けてもホコリが出る。

    不思議だが出る。

     

    「出る」と気持ちいいので、二階の廊下と階段も掛ける。

    畳の部屋は掛けられないので残す。

    これを毎日やっておけば、年末の大掃除はしなくても良い

    んじゃないか。

     

    甘々で育った長男坊なので、母親から何か褒美が欲しくな

    る。アホですね〜、68になってもこうですから。

    でも、母親は僕がモップを掛けてることを知らない。

    そんなこと、するはずがないと思っている。 

     

    ー 長男はいつまでもアホではない −

     

    そこんとこ、ロッケンロール!

     

    母方の祖母は、9人の子供を産み、百姓しながら3人の男子

    をすべて大学にやった。

    祖母は母に云い残した。

    「たとえ我が子でも、敬語を使わんと駄目やぞ」

     

    僕にも「忠平さんは絵を描くのが好きなんかね」、そんな

    感じで話した。決して汚い言葉を使わなかった。

     

    特に長男に昔の人は気を使った。

    男尊女卑かも知れないが、それだけ長男の肩にかかる重石

    は重かった。

     

    だから、どうしても甘くなる。

    それを当たり前のようにして育ったのが僕だ。

    実体は吹けば飛ぶような長男だけど。

     

    父親は僕の正体を見抜いていた。

    「こいつは当てには出来ない」

    多分母もそうだと思う。

    母は妹を東京や関西の大学に出さず、地元に置いた。

     

    父は正月にトランプをやった時、家族の前で僕の正体を暴露

    した。

     

    「忠平はグスやから、気をつけろ!すぐに騙しにかかるぞ」

     

    こいつは「イカサマ師だから、ダマされんようにしろ!」と。

    僕は心の中で「女子供はダマせても男は無理やな」と思った。

    父が本気だとは思わなかった。父は僕に警告したんだと思う。

     

    「お前は甘く育った。それを忘れるな!」

     

    「モップ掛け」から、話は僕の本質にまで迫ったが。

    日本の家族制はぶっ壊れ、少子高齢化と云う残骸が残った。

     

    ー サンゴが白化したような国 −

     

    少子高齢化とは、手の施しようがありませんに等しい。

    戦争が終わって、軍備を放棄した時点でこの国は終わった。

    日本の敗戦は、骨の髄まで届く致命的な敗戦になった。

     

    なんとか元に戻ると思えれば、三島の事件は起きなかった。

    悲しいが彼は確信した。

    日本はすでに無いと。

     

    だからもう、各自が、遠慮なく発言した方が良い。

    思い残すことがないように。

    消えて行く国であっても、我々はりんごの苗木を植えねば

    いけない。

     

    決して、孫子の為ではない。

    この国で生まれ、死んでいった先祖と呼ばれる人達。

    その人達の為に僕は生きる。

     

    決して、未来の為ではない。

    過去に報いる為に、僕と君は生きる。

    そうだろ!

    先人の夢を夢として、先人の希望を希望として。

    僕はあと少し、生きたい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955977