RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 先人の夢こそ我が夢 | main | 痩せたい気持ちと覚悟が大事 >>
ちょっとした場面
0

    11月26日   晴れ   起床6時

     

    朝食   鍋焼き風・肉うどん

         山盛りキャベツ

         納豆

     

    昨日は午後3時まで「マッツ」に勤務し、その後、電車

    で金沢へ向かった。

     

    僕の教室「ロック入門」までの間は、いつも金沢香林坊

    の大和デパートで買い物をする。

     

    まずは、一階の化粧品コーナーで女性への贈り物を購入。

    5階の紳士服売り場には顔を出さず、7階の紀伊国屋書店

    へ行き、アガサの文庫本を二冊購入。

     

    時刻は午後5時半を過ぎた。

     

    地下の食料品売り場で「チャーハン弁当」¥500と、

    「焼きビーフン」¥500、二品で¥1000のところ

    を、二割引きの800円で。

     

    一 化粧品売り場の場面 −

     

    僕は店員と相談して贈り物を買った。

    包装しながら女店員は云った。

     

    「お客さん、どこから見えたんですか?」

    「小松からや」

    「そうですか、何か雰囲気有るなと思って」

    「現住所は川崎なんやけどな」

    「そうなんですか」

     

    普通ならここで終わる。

    僕は終らない。

     

    「実はな、家族は伊豆におるんや」

    「えっ、伊豆ですか!良いとこにおるんやね」

     

    これではまだ面白くない。

     

    「伊豆は田舎やけど、色んな人がおるぞ」

    「えーっ!有名人とか!?」

     

    ウヒヒヒ、盛り上がって来た。

     

    「おるおる。俳優の○○は近くの伊東にいてな」

    「うそーっ、あの○○がー!」

    「あいつまだ結婚せんから、オバチャンらは喜んで

     世話焼いとるわ」

    「いいわー!その気持ち分かるわー!」

     

    完全に詐欺師だ。

     

    「あいつまだ・・」

    知り合いでもないのに「あいつ」だからね。

    「結婚せんから」

    こう云うと女は必ず盛り上がる。

     

    既婚であろうが、未婚であろうが、女は結婚と云う

    言葉に出合うと、我が事として捉える癖がある。

     

    これぐらいの「お楽しみ」は許されるやろ。

    ありがとうね、相手してくれて。

    すらっと長身の、きれいな女性でした。

    ご苦労さん!

     

    「ロック入門」を終え、外に出ると今年一番の寒さ。

    いよいよ嫌な季節だ。

    まあ、スキー場に雪がないと可哀そうや。

     

    背中の曲がった老人にはなりたくないけど。

    その内なるのかもなー。

    それでも俺、ブラウン・シュガー歌うんかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955978