RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 痩せたい気持ちと覚悟が大事 | main | 謎だらけの女でいい >>
優柔不断な読売新聞
0

    12月2日   小雨   起床6時半

     

    朝食   ベーコン・白菜炒め

         豆腐の味噌汁

     

    雨がパラついていたが暖かいので、自転車で

    マッツへ。予報では20°まで上がるらしい。

     

    このところ、夢なのか、神のお告げなのか、良く分から

    ない夢を毎日みる。

     

    昨日は、高橋明雄とパリにいた。

    明雄はパリを自分の庭のように駆けまわった。

    明雄は芸術家の若い男を僕に紹介した。

     

    「一緒に絵画を見て回りませんか」

    フランス人の芸術家が云った。

     

    三人で車で外に出ると、目の前に海があった。

    海はすぐに大嵐になり、そのすさまじさに僕は感動したり

    、小松に帰りたくなったり、なんとも複雑な気分だった。

     

    この夢はポアロが伏線になってる。

    加えて、絵画や彫刻への未練が噴出したか。

    ウヒヒヒ。

     

    一昨日は、知らない居酒屋の厨房でエレキを弾いた。

    厨房から長いシールドが伸びて、遠くでエレキが鳴る。

    厨房はカウンターにグルーっと取り巻かれている。

    カウンターの客は全員ラテン系黒人。

     

    突然、サンターナの「ソウル・サクリファイズ」のカラオ

    ケが流れた。僕はギブソン335を弾き出す。

    何故かムチャクチャ調子が良い。

     

    遠くで鳴ってはいるが、ノリもフレーズも云うことなし。

    僕はハイに乗りギターを弾きまくった。

    ついにはボリュウームはフル。

    ギブソン・ES・335は吠えに吠えた。

     

    演奏が終わると、黒人たちは最高だったとハイタッチを

    求めて来た。

     

    僕は今度はダグサームの「ブルー・ホライゾン」を切々

    と歌いリードギターを弾いた。そこで目が覚めた。

    時計を見ると午前1時45分。

     

    起きて枕元のエレキを弾いた。

    上手くなっていなかった。

     

    もしやと思ったんだけどね。

    そんな、寝てる間にギターが上手くはならんわな。

     

    「早くギブソン335を買いなさい!」

    神のお告げにも思えるけど。

    また、完全な「ガセ夢」とも思う。

    どうしようかな?

     

    ー アガサ・クリステイ教室より −

     

    アガサの作品の中で面白い英語を見つけた。

    ー ミスディレクション −

    分かりやすく云うと、配役の間違い。演技の間違い。

    或いは、恋のすれ違い。

     

    ー 佐々木忠平とミスディレクションズ −

     

    バンド名がすぐに浮かんだ。

     

    ー 佐々木忠平と勘違い野郎達 −

     

    もうひとつはこんな文章。

     

    「彼は若い頃から人生の傍観者として生きて来たの」 

     

    主役にも、脇役にもならない人。

    いるよなー、いるいる。

     

    戦後の日本みたいだ。

    今の日本は主役でも脇役でもなく、せいぜいが黒子。

    こんなんで良いんだろうか。

     

    昨日の辛坊さんの「こんなん云うて委員会」で。

     

    「韓国人は日本に甘えている」

    と、或る女の人が意見を書いたところ。

    マンガ家の女が金切り声を上げて非難した。

    「そんな決めつけは絶対したら駄目なのよ!」

     

    ならば。

    「わたしは韓国人が嫌いです」って、テレビで云って

    はいけないの?

    そんなことはないでしょう。もし韓国なら正々堂々と

    「日本人は汚い民族です」ぐらいは云うだろう。

     

    正義の使者ぶって、言論統制するあんたの方が百倍不快

    だな。

    倉田ナントカ云うたけど、発言は勝手やろが!

    いちいちあんたに許可取らんと発言できんのか?

     

    日本と韓国はケンカしてる最中やないか。

    このアホタレが!今、ケンカする方がずーつとグチグチ

    思うよりエエやないか。

     

    ケンカがなんで悪いんや!

    アホ!百年同じこと云うとれ!

    キレイゴトで収める方が、ずっと韓国に失礼や。

     

    ケンカしたり、仲ようなったり、またケンカしたり。

    人間はそうやって暮らしてゆくんや。

     

    だいたいが、読売新聞はどっち向いとるんや!

    正義派ぶるのはな、意見が無いのと同じやぞ。

    そんなん、誰でも分かってることや。

    かったるい紙面読むと、こっちもかったるくなる。

    まあ、今日はここらで終わるわ。

    またね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955980