RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 優柔不断な読売新聞 | main | 中国は左翼が嫌い >>
謎だらけの女でいい
0

    12月3日    曇り    起床6時

     

    朝食    チャーハン

          豆腐の味噌汁

          玉子巻き

          ベーコン・ソテー

     

    昨晩、午後10時、ポアロ・シリーズ「邪悪な家」を読

    了。なかなか面白かった。

     

    BS・NHKプレミアムで始まった「刑事モース」の格言

    は、第一発見者の5割は犯人だが、ポアロの方は「乱暴

    者や嘘つきは殺人を犯しやすい」だ。

     

    至極もっともな意見。

    「世間から見て殺人を犯しそうな奴は、やはりと云うか

     、殺人を犯す可能性が非常に高い」

    差別的見解だが、そうなのだろう。

     

    「嘘つきは泥棒の始まり」

    このことを、アガサ・クリスティに伝えたかったなー。

    「日本人は賢いですねー」

    多分、そう云っただろう。

     

    現在なら。

    「真面目な奴ほど危ない」だ。

    学校や教室で目立たなかった奴ほど凶悪犯罪を起こす。

    ポアロなら云うだろう。

     

    ー 例外はありません、他人は信用など出来ませんー

      

     

    逆に云えば、信用できないから面白いんだけどね。

    親友になったり、恋人になったりする相手とは「信用

    できない」から始まるもんね。或いは嫌いとかね。

     

    だいたい男は信用できる女を好きにはならない。

    そりゃもう、古今東西、森羅万象、そうでしょう。

     

    「騙されている」「裏切られている」「利用されてる」

    それは惚れた証拠。

    そうでなければ男は燃えませんて。

     

    相手の素性が分からないから良いわけで。

    相手の両親やら兄弟やら、叔父さん叔母さんまで知って

    たら、絶対に恋心は芽生えない。

     

    すべて謎で構わない。

    いや、そもそも謎が好きなんですよ男は。

    女は単なるキッカケかもね。

     

    だから、「フラれる」は当たり前。

    「フラれる」を恐れてる様じゃ論外。

    進んで「フラれる」ぐらいじゃないと。

    フラれた方が面白いでしょう。

     

    「ほう、あの女は俺じゃなくて、あいつを選んだか

     、センスの無い女やなー」

     

    僕はそう思うことにしている。

    弱気は駄目ですよ、弱気は。

     

    ストーンズも歌ってる。

     

    ー 俺は充分にタフだろうが!

      おまけに充分リッチだろうが!

      俺はお前のビースト・オブ・バーデンじゃ

      ないからな! −

     

    女は自信持ってまっせー!

    強気やからね。

    ハイな、韓国みたいなもんや。

     

    モテる奴は最初から決まってる。

    そんなもんです。

    僕は逆らいません。

     

    ポアロもモテたことがない。

    でも、身だしなみに気を使い、口髭はピンと反らしてる。

     

    「わたくしのセンスを理解するマドモアゼルは、残念な

     がら現れません。でも、どうって云うことはないんで

     すよ、ご心配なく」

     

    その心意気や良し。

    男はそうでなけりゃね。

    それでは、また。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955981