RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 謎だらけの女でいい | main |
中国は左翼が嫌い
0

    12月5日   小雨・強風   起床6時

     

    朝食    うどん

          豆腐   

          玉子巻き

          りんご

     

    昨日は一日中腹痛で苦しんだ。

    これがまた原因がはっきりしなかった。

     

    食あたりだと思い梅干しを喰ったが治らない。

    午前9時頃から夕方まで痛みは去らない。

    昼食、夕食は抜いた。

    とてもじゃないが食慾は無い。

     

    寝る間際に、母親が差し出した富山常備薬の風邪薬を飲

    んだら、あら不思議、腹痛はぴたりとやんだ。

    そう云えば、数日前から口のまわりに「熱の花」が咲い

    ていた。

     

    一夜明け、体は快調。元に戻った。

    二食も抜いてるので腹も少しは引っ込んだし。

    はりきってマッツへ。

     

    寒気が来ているので空には黒い雲が多い。

    黒い雲が多いと町は薄暗くなる。

    これ、すなわち、冬の北陸の色。

    絶望的な色やね。

     

    ー 辛坊さんのニュース番組における興梠氏の発言

     

    「中国は左翼が嫌いですからね」

    「えっ!」

    「中国はマルクス主義じゃないですから」

    「そっ、そんな」

    「右翼的全体主義と云いましょうか」

     

    共産主義の欠片も無いと云われてもなー。

    まあ、納得できるけど。

    ヘンな国や。

     

    興梠氏によれば、中国経済はボロボロだとか。

    労働者に賃金が払えず、故郷に帰る人たちが増えた。

    リーマンショック時の大判振る舞いが原因とか。

    中国は50兆ばらまいた。

     

    情報社会と云われてるが、他国の事情は想像の域を出ない。

    その想像も、何十年前の情報を元にしてる。

    人間は全く何も知らないに等しい。

     

    韓国民は日本の歴史は平安時代から始まったと思ってると

    も訊く。「なんでや?」だけど、それ相応の根拠が有るん

    だろう。

     

    昨日の「ガッテン」でも発見があった。

    ー 菜の花は白菜から生まれる −

    知ってました?

    白菜は春になり最後、菜の花を残すことを。

     

    だからね、なーんも知らんのですよ、我々は。

    妻の素性も怪しいもんだ。

    「あたしの先祖は○○藩の家老だったの」

     

    これ、良く聴くなー。

    大名じゃなくて家老ね。

    嘘つかれても信じるしかないもんなー。

     

    僕の母方に残る先祖の話は寒い。

    なんと先祖は、下級武士なんだけど、何かの行き違いで喧

    嘩になり、相手を切った。

     

    それで仇討に来た息子かなんかをまた切って返り討ちにし

    た。「あんまり良い話やない。人ふたりを殺めた」

    母は苦い顔で云った。

     

    一番びっくりしたのは中国。

    米国は香港人権法を可決し、新疆ウイグル自治区での残虐

    行為にたいし、国を挙げ怒ってる。

     

    その米国に対し中国は。

    「自分の国の先住民を皆殺しにしといて、中国に対しああ

     だこうだ云うのはおかしい。米国の先住民は今や人口の

     2・5%ですよ」

     

    2百何十年前の話と、今の話は違うやろが。

    これ、中国っぽい物言いだなー。

    でも怖いのは、男を皆殺しにしかねないからね。

    「そこまではやりませんよ」

    に、聴こえる訳で。

     

    生きてるだけで大ラッキーでしょう。

    もし北朝鮮や中国に生まれていたら地獄ですよ。

    僕は米国も嫌だ。フランスも、英国も、ニュージランド

    も。嫌や嫌や、日本以外は全部嫌や。

     

    ー 妙な顔した魚や昆虫を見ると虫唾が走る −

     

    日本の池や川にはフナがいる。ドジョウもいる。ナマズも

    いる。それが大事。それらすべてが日本や。

    人間だけやないぞー、動物も植物も、みんな日本なんや。

    それが調和しとる。みんなどこか日本風や。

    素晴らしいやないか、神に感謝やぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955982