RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 中国は左翼が嫌い | main | たれか開高を思わざる >>
アガサはいけてるね。
0

    12月9日    晴れ    起床5時

     

    朝食    白菜・肉炒め

          玉子巻き

          福梅

     

    昨日は我が家で、「称名寺」住職の御参りがあった。

    母は数日前から緊張し、玄関を履いたり、トイレの便器を

    ピカピカに磨いたりした。

     

    午後4時半。

    ぴったりに住職は見えられた。

    外出着を着替え、仏壇の前にきちんと座り、お経が上がっ

    た。

     

    見事な「正信偈」だった。

    住職の鼻濁音はとても美しく、声はしっかりと立ち、男性

    独特の艶が加わり、絶好の状態と思われた。

     

    「いい声ですねー、歌手なら最高の喉ですよ」

    「なんとかね、声はいくら出しても疲れません」

     

    樹木希林さんや裕也さんの話でしばらく歓談。

    こんなとき、住職は親しかった脚本家・佐々木守さんのこ

    とを懐かしむ。

     

    「守さんなら、どんなお答えでしょうかねー」

     

    守さんの弟、佐々木均さんは僕の上司であり、称名寺の代

    表世話人みたいな人だ。以前、住職と僕と均さんで一杯飲

    んだことがある。

     

    「新年早々、三人でまた一杯やりませんか」

    住職からの誘いに僕はすぐに乗った。

     

    死んでしまえば「右」も「左」もない。

    何とか無事に三途の川を渡って、極楽浄土に辿り着きたい。

    その大切な先導役が坊主だ。

    坊主を大事にせんと極楽浄土には行けない訳で。

    なんてね、冗談ですから。

     

    住職はたまには猥雑な、品の無い話をしたいのだと、僕は

    思った。そうでなければ僕に声を掛けない。

    彼は話したいんだ。もっともっと。

     

    住職は病気と闘っている。

    戦闘意欲はひしひしと感ずる。

    僕はすぐに均さんに連絡した。

    「良し分かった!年明けたらすぐにやろう!」
    均さんは快諾した。

     

    ー 歳を喰うと、人との距離の置き方、コミニュケーシ

      ョンの仕方、そんなことが気になって来る −

     

    アガサ・クリスティを読むようになったのはそのせいだ。

    そもそも英国人は孤独な民族だと思う。

    安々と他人を信用しないし、それが礼儀だと思っている。

    大金持ちであれ、侯爵であれ、執事であれ、料理人であれ。

    なかなか他人を寄せ付けない。

     

    アガサの作品は、ほとんどが英国社交界、貴族、大金持ち

    に起きる殺人、或いは事件だ。

    彼らは病的なほどに、他人を分析し、ふるいにかけ、吟味

    する。

     

    そして、一度決められた評価は、余程のことがなければ変

    わらない。そう云う風にして、自分の周りに堅固な壁を作

    り、自分を守る。

     

    彼女は完全な保守派だ。

    今のとこアガサの作品中に社会主義者は出てこない。

     

    僕はどうもアガサのモノの見方が好きなのかもしれない。

    なんか、ほっとする。

     

    ポアロ・シリーズは「三幕の殺人」を読んでる最中。

    どうやら僕は「謎解き」に興味はなく、登場する英国人や

    フランス人の考え方や、世の中に対する、スタンスの取り

    方に興味がある。

     

    ベルギー人のポアロと、相棒ヘイスティングズの関係。

    ヘイスティングズとジャップ警部との関係。

     

    アガサは大人の関係を書いている。

    彼女は淡々と描いているが、その関係はけっこう素敵だ

    ったりする。

     

    恋愛、友情、家族愛。

    アガサの興味がそこにあることは確かだ。

    彼女は愛に恵まれたのか、否か。

     

    「常識では何も分からない」

    アガサは云う。

    こんなへそ曲がりの女、そう、人ではなく女、

    好きだなー、なんてね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。