RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アガサはいけてるね。 | main | 香港に続き韓国も内戦か! >>
たれか開高を思わざる
0

    12月10日   晴れ    起床7時半

     

    朝食    白菜の肉炒め

          わかめスープ

          玉子巻き

          ごはん

     

    またもや素晴らしい天気だ。

    「暖かい光」と云おうか。

    今年最後の陽光か。

     

    二段重ねの万年床に毛布をひき、ペラペラでスカスカの

    布団一枚で寝ている。

    僕は暑がりなので、エアコンは極力使わない。

    火の気のない部屋だけど、年内は頑張ろうと思う。

     

    昨日はマッツから電車で金沢へ。

    すぐに大和に行き、プレゼントを購入。

    世話になってる女性達にお礼を言いたい訳で。

    それ以上の魂胆は皆無。

     

    「今度の講師達の親睦会に出て下さいよ」

    事務局から誘われる。

    「知らない人ばかりだしなー」

    「佐々木さんのことは皆さん知ってますよ、

     どうです」

     

    ここらが僕の欠点かも。

    ユニークな講師はけっこういらっしゃる。

    「入って行けばいいんじゃないの」

    そうは思ってるんだけど、気が小さいんだろうね。

     

    世間に対する間口は、狭いほどいいと思っている。

    知り合いを増やしたくないんやね。

    ほんと、若い頃からネガティブ。

    多分ね、バンドのボーカルって、みんな僕みたいだと思

    う。そんな気がする。

     

    ひとりでミミズを掘りに行き、ひとりで鮒を釣ってた習性

    が抜けない。人嫌いは母親譲りでもあるが。

    でも、友人はそんなに少なくない。

     

    人間は矛盾した生き物だと開高健から学んだ。

    「右」と「左」が、自己の中で同一するぐらいは普通だと。

    まあ、かなり僕流にアレンジしてるけど。

     

    開高ファンには申し訳ないが、僕は名作と云われた「夏の闇」

    で開高への興味を無くした。

     

    開高健はロックで云えば、完全な洋楽派だった。

    古今東西、世界中の知識があった。

    アイザック・ウォルトン卿の「釣り魚大全」の中の、

    ー ラーン・トゥ・ビー・クワイエット −

    なんて言葉を僕に知らしめたのは開高だった。

     

    他にも、

    ー キャッチ・アンド・リリース −

    今じゃ当たり前になったが、当時は新鮮だった。

     

    「ヘビーデューティ」、「アウト・ドアー」 

     

    「アームチェア・フイッシャマン」 なんてのは実にシャレ

    てる。これは雨が降って釣りに行けない釣り師が、揺り椅子

    で揺られながら釣りを思うことだ。

     

    開高がいなければ浜野安宏氏はいない。

    いや、僕もいないかも知れない。

    多大な影響を受けた。

     

    貧乏しつつもひとり強く生きてる愛人との性交場面。

    女は洗面器にお湯を沸かし、開高の陰部を洗う。

    事もなげに。

     

    死期を悟った開高は、この文章を妻に代筆させた。

    作家は恐ろしいほどに真面目だった。

    戦中派の戸惑いと悲しみを、僕は開高の作品で知った。

    それ以上、彼に何を望むと云うんだ。

     

    さて。

     

    昨日も金沢の書店でポアロを三冊補充した。

     

    ー アガサと過ごす2019の年の瀬 −

     

    「ポアロのクリスマス」なんて作品もある。

    うーん、買うべきだったかなー。

    でもね、クリスマスまでは、まだ2週間ある。

    まだ余裕でっせ。

     

    問題は競輪グラン・プリ。

    ー 知らんプリは出来んプリ −

    なんてね。まだまだ福井と縁は切れんか。

    大晦日の競輪場なんて、僕にぴったり。

    侘しく今年にサヨナラを云うのも、イイかもなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。