RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 香港に続き韓国も内戦か! | main | メキシコへの道 >>
落合のスイングを
0

    12月16日   晴れ   起床8時

     

    朝食    8番ラーメン(味噌ナマ)

          玉子巻き

     

    朝、ビンを捨てに出ると、霜が降り、梯川堤防の

    草は白くなっていた。「こりゃ寒いはずや!」

    朝食は「生ラーメン」に決定。

     

    先日、NHKラジオでクリーデンスの「ロウダイ」が掛

    かった。比較的、馴染の無い曲だったが心に残った。

     

    コード進行は普通のカントリー・ミュージック。

    でも、ひら歌のメロディが素晴らしい。

    あっさりしているが、ナンノナンノ、心の抑揚に沿って

    いる。

     

    テーストは完全にダグサーム。

    リズムも聴きようによってはテックス・メックス。

    何気ないカントリーと云うか、ロックンロールと云うか。

    気取らない音楽はカッコ良い。

     

    たまには日本の若者たちのロックを聴くことは有る。

    しいて積極的には聴かないが。

    先日も、将来有望なる20歳の男の子の音源がラジオで

    流れた。

     

    将来有望たる青年は、歌も演奏も、何もかも自分ひとり。

    それが凄いと云うが?

    彼の音楽は、ほとんどがサンプリング。

    「ヒマがあればこうなる」の見本だった。

     

    「デジタル的」なことは僕もやったが、すぐに飽きた。

    デジタルは要するに、他人の介入を嫌う。

    「ひとりだけ」にこだわる。

     

    結局、ひとりで創るなら「バンド」ではない訳で。

    あのビートルズでさえ4人で作ったのに。

    だから凄かったのに。なんとも、逆戻りな時代だ。

     

    「感性」を売りにする音楽が有っても良いが、「感性」

    のない音楽など、そもそもないでしょう。

    だいたいの人間は感性が鋭い。

     

    音楽も美術も、「感性の鈍さ」がないと無理だよね。

    「にぶさ」こそが才能じゃないの。

    「頑固さ」と言い換えても良いけど。

     

    思い込みが無いとね。

    小説もそうでしょう。

    「不器用」は大事ですよ。「アホさ」もね。

     

    簡単なコード進行から、面白いメロディを作るのがロック

    だ。最初からメージャーセブンスや、分数コード使うよう

    じゃ話にならない。

     

    やっぱね、落合博満のスイングだと思うね。

    落合なんて男は理屈っぽくて嫌いだけど、彼のスイングは

    実にスムーズだ。

     

    「神主打法」ね。

    神主の御払いと似てるわな。

    これを誰も真似できないんだから。

     

    それだよ。

    素直さね。

    皆が求めてるのは気持ちが良い「素直さ」だろうな。

     

    気持良いんだよ。

    何処にも力が入ってないスイングは。

     

    クリーデンスは米国の魂だから。

    難しい曲なんて一曲もない。

    どの曲も「素直なスイング」だ。

     

    基本が一番難しい。

    何をやってもそう。

    ポアロは基本に忠実に推理してゆく。

     

    アガサ・クリスティはそこを外さない。

    これが保守だろうね。

    頑固一徹に守り抜く。

    何があろうと。

     

    カッコ良いなー!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。