RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 落合のスイングを | main | いじましく暮らすのも悪くないなー。 >>
メキシコへの道
0

    12月17日   曇り   起床6時

     

    朝食   丸餅入り肉うどん

         キャベツ山盛りサラダ

     

    どうしても餅が喰いたくてうどんを作った。

    炭水化物+炭水化物は、どうしてこうも旨い

    のだろう。麻薬だ。

     

    今日は少し暖かいので自転車でマッツへ。

    途中銀行に寄り支払いと入金。

    年末にこのあたりを怠ると後でエライ目に会う。

     

    昨晩、アガサの「雲をつかむ死」を読み終えた。

    かなりペースが上がって来た。

    年末年始用に、大量購入せねば追いつかない。

     

    ー 昨晩のプライムニュース −

     

    ゲストの細川なにがしは元通産官僚か。

    もう一人は当選5回の国会議員。名前は山際とか。

    なかなかの男前。

     

    午後8時45分に日韓局長会議が終了し、話はそっちに。

    元官僚の細川氏のうるさいこと。

    自分が現役の頃の日韓は、ちゃんとしてたと胸を張る。

    要は自慢したいだけ。

     

    山際さんは「これからは政治家の出番ですね」と正論を述

    べる。細川氏は「きちんと」「ちゃんと」「しっかりと」

    を繰り返す。

    「プロとしての仕事をきっちりと!」

    わかったわかった。

     

    政治家に任せたら韓国ペースになると口から出かかる。

    細川氏は必死にその言葉を飲み込む。

    これを見ていると、役人の暴走と云うか、独りよがりは野

    放しだったことが分かる。

     

    やっぱね、政治家よりも前にシャシャリ出てはいかんよ。

    相手は選挙をくぐってきてるんやから。

    東大出たぐらいじゃ政治家には及ばない。

    それが分からないんだからね。

     

    「ルールに乗って正しいことをしましょう」

    細川氏はこれがすべて。

    かなりアホだ。

     

    そんな素直で、真っ正直な国は、どこにもないよ。

    そもそも外交交渉に「正しい事」ってあんの?

    相手は嘘八百つくに決まってる。

    交渉だからね。

     

    そこをかい潜って「輝ける真実」に到達できるんなら良い

    けど。ハナから真実を振りかざして、真実自慢したって相

    手はシラケるだけでしょうが。

     

    いかんいかん、美大中退が偉そうなこと云うてしもた。

     

    ー テキサスからメキシコへの道−

     

    クリーデンスのジョン・フォガティは、所謂スターだけど。

    テキサス・トルネイドのダグ・サームは、全国的スターと

    云うより、ご近所の伊達男って感じ。

     

    近い感じスンだよね。

    町内のエライかっこいいオニイサンね。

    「ほーらオメーら、次はロ〜マンチックな歌うたうで〜」

    声は抜群だから、敵なし。

     

    「ディーラーズ・ブルース」歌った人ね。

    4・50年昔、京都拾得のテリーが訳詞して、それを聴い

    た僕が題名を「メキシコの山」にして、レコード化した訳

    で。

     

    横浜オレンジ・カウンティの飯田君はダグ・サームの熱狂

    的フアンだった。ダグ・サームが死んだとき、「俺も死に

    たい」って、云ってた。

     

    やっぱね、似てるんだよなー。

    飯田君はダグに似ている。

    後姿なんてそっくり。

     

    70年代の頃の横浜や東京のロック・ファンは、マニア

    が多かった。だいたいが米国の田舎の音楽を聴いてた。

    サンフランシスコも当時は田舎だからね。

    ロスは違うけど。

     

    その頃の英国ロックはふにゃけてたから。

    英国はパンクが出て盛り返した。

    それまでは完全にピントがずれていた。

     

    この辺の話、若い人は知らないだろうなー。

    僕等は関西系・京都派だった。

    あの頃の京都は日本のロックの中心地。

    東京は遅れていた。

     

    東京は今もそうだけど、芸能界だから。

    テレビが中心。「売れてなんぼ」の世界。

    70年代は東京中心じゃなかった。

    その辺りのこと、しつこく書く。

    日本の為に。ヨロシク!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。