RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< いじましく暮らすのも悪くないなー。 | main | ワクワクを買いに行くのよ >>
美しいピアニストとの出会い。
0

    12月23日   曇り   起床6時

     

    朝食   ハムエッグ

         山盛りサラダ

         わかめと胡麻のスープ

         (野菜たっぷり)

     

    先週の木曜日と金曜日、二日続けて酒を飲んだ。

    これはかなりな重労働となって心臓に現れ、体の

    だるさも加わり、土日は家から一歩も出なかった。

     

    元々酒好きではない。

    酩酊したいから飲んでる訳で。

    どうしても一定量は飲む。

     

    年末なので、普段世話になってる人からの酒席のお誘い

    は断れない。「はい、行きます!」元気よく答えてしま

    う。   

     

    何とか一軒で済めばいいが、だいたいは二軒目になだれ

    込む。飲むうちに調子が上がり、「今日も元気だ!」

    勘違いが起こり、二軒では収まらなくなる。

     

    ー 有馬記念はテレビ観戦 −

     

    パドックのアーモンド・アイはふっくらして良い仕上がり

    だと思ったが、競馬は何があるか分からない。

    4コーナーを回り、絶好の位置から先頭に出たが、そこま

    でだった。

     

    ルメールの過信が原因か?

    あれだけ外、外、と回っては有馬じゃ勝てない。

    単勝1・5倍のプレッシャーが、逆に楽観となり、名騎手

    の感覚を狂わせたか。

     

    夕食後、M1−グランプリを観た。

    確か去年も見た。「和牛」が勝つと思ったが、「霜降り」

    が勝った。

     

    実質「かまいたち」と「ミルク・ボーイ」の戦いだった。

    「ミルク・ボーイ」は決勝で1ラウンドとほぼ同じネタだ

    った。これは「かまいたち」だと思ったが、「ミルク・

    ボーイ」が圧勝した。

     

    昔風の漫才だが、引き込まれる。

    知らぬ間に笑っている。

    実にオーソドックス。

    突っ込みの内海君の声は、鼻にきれいに抜けて聴きやすか

    った。

     

    ー さて −

     

    或ることで出会った女の人が、クラシックのピアニストだっ

    た。駄目もとでバンドに誘うと「昔、オールマンならやった

    ことあるよ」なんて、よだれが垂れそうなことを云う。

     

    「コーラスもやって欲しいんやけど」

    「ふーん、音程は確かやと思うよ」

    少しとぼけてるが明るい人。

    まあ、家庭の主婦なので、色々あるだろうから、長い目で。

     

    ー 年末は毎年、突然忙しくなる −

     

    ゆったりした気分で新年を迎えたことは、一度もない。

    「ウサギ年」の宿命か?

    あっちこっちに飛び跳ねて、クタクタになってようやく、

    「明けましておめでとう御座います」になる。

     

    まだまだ気が抜けない。

    北朝鮮と米国との関係は最悪だし。

    やたらと地震は多いし。

     

    今日は金沢で買い物する。

    ポアロ・シリーズはもちろん、面白そうな本を何冊か。

    正月用の日本酒、和菓子、クリスマス・ケーキ、等々も。

     

    金は財布から飛んで出てゆく。

    ならば、競輪グラン・プリに夢を託すか?

    そうか、福井の地酒も忘れちゃいけない。

    「黒龍」に「梵」だっけ?

     

    今年も福井市には世話になった。

    大いに金を使って恩に報いねば。

    それではまたね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。