RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 美しいピアニストとの出会い。 | main | 豆柴の大群? >>
ワクワクを買いに行くのよ
0

    12月24日   晴れ   起床7時

     

    朝食    野菜スープ

          玉子巻き

     

    やめとけばいいのに、金沢大和の紳士服売り場に足が

    向いた。僕としては、もしバーゲンやってたらセータ

    ーでも買おうと思って寄った。

     

    然るに、ラルフローレンの冬用コートを買ってしまった。

    理由は簡単、引くに引けなくなったからだ。

     

    実際、僕はセーターを買おうとした。

    試着室に入り、セーターを試着したが、その際、鏡に映

    った自分の姿に絶望した。

     

    「こんな体形でセーターとか、体に密着するものを買っ

     て、どうしようと云うのか!」

     

    「その腹をみろ!前に飛び出て揺れてるじゃないか」

     

    「アカンかったわ、やめとくわ」

    馴染の店員は淋しそうな顔をした。

    僕は気休めを彼に云った。

    「バーゲンの時にまた来るから、バーゲンは何時からや」

    「正月からですね」

     

    僕は帰ろうとした。

    その時、彼がボソボソと何か云った。

    「なんやて?」

    「お客さんなら、今日、バーゲンにします」

    「?」

     

    「今日買ってもらったら、3割引きます」

    「どれでもか?」

    「どれでもです」

     

    こうなったら逃げれない。

    「よっしゃ、分かった!」

    僕は意を決し、目についた中で一番気に入ったコートを

    買うことにした。

     

    「これはエエな!良いコートや!」

    僕はその段階で、それがラルフローレンのものだと知ら

    なかった。

     

    「ところで、これいくらなんや」

    店員はそっと値段を見せた。

    目が回った。見間違いやろと思った。

    でもすでに決心してる。もう引っこめない。

     

    「この値段から3割引いてくれるんやな」

    「はい、引きます」

     

    僕は結局、「3割」を買ったんだと思う。

    コートではなく、僕が買ったのは「3割引く」と云う行

    為そのものだ。

     

    夜遅く、家に帰りコートを洋服掛けに吊るした。

    「ポロラルフローレン」の文字が見えた。

    「ポロやったんか、どうりで高かったんや」

    「ポロ」でも「ボロ」でもどうでも良かったが。

     

    今日は色んな人に会う。

    そこに着てゆく。

    それで納得しよう。

     

    そもそも、欲しかったんだから。

    僕が「3割に負けた男」とは誰も知らない訳で。

    敗北感は当分抜けないだろうが。

     

    それにしても、バーゲンと云う言葉に弱いねー。

    品物じゃないのよ、欲しいのは「バーゲン」なんよ。

    「5割引き」とか「8割引き」が好きなんだよなー。

    資本主義って、ほんと、幻想売ってんだなー。

    でもまー、ワクワクした訳で。

    それで良しと、しときましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:59 | comments(0) | - | - | - |