RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ワクワクを買いに行くのよ | main | お前だけの州をつくろうぜ! >>
豆柴の大群?
0

    12月26日   曇り   起床8時

     

    朝食   もやしと白菜とキムチの炒め物

         玉子巻き

         納豆

         ごはん

     

    昨日は、夕食後に年賀状を書いた。

    気が付くと12時近かった。

    すぐに眠ったが、真夜中に突然目が覚めた。

     

    年賀状を書くのは手紙を書くのと似ている。

    どこか神経が高ぶり興奮していたんだと思う。

     

    知らない街を。

    年末でも侘しい街の通りを、ひとり歩いているつもりで

    目を閉じた。バッチリだった。

    朝の8時まで爆睡。

     

    体重は105キロを超えた。

    過去最高記録だ。

    68歳で新記録達成!

     

    喰うものは旨いし、いまだにスケベだし。

    これで文句云ったら罰が当たる。

    顔の悪さと見かけの悪さは元々だから。

     

    今夜から年末まで、酒が続く。

    明日は「競輪グランプリ」の初日。

    昼間も予定がびっしりや。

     

    ー さて、俳句のことだけど −

     

    短歌の没落について書いてある本の中に、俳句を駄目に

    したのは、松尾芭蕉だとの意見があった。

     

    要は、仏教が日本古来の文化を破壊したとの説ね。

    こう云うのは面白い。面白いけど現実味がない。

    でも、脳味噌には、とても刺激になる。

     

    芭蕉的生き方と云うか、宗教感と云うか、そんな空気の中

    で生きてる。普通の日本人はね。

    現実をそんなに切実にとらえず、まずは伝統の中で、平々

    凡々と生きている訳で。

     

    「孫はとても可愛い」「老後の為にもっと働かんと」

    「夫婦仲良く暮らしたい」「先を考えると役人がいいな」

    「年金分は酒が飲める」「健康が一番」

     

    平々凡々とは以上なことだと思う。

     

    障害者を抱えていたり、どうにもならない問題を抱えてい

    る人は、芭蕉的生き方とは縁がない。それは確かじゃない

    かな。

     

    ー では、芭蕉的ではない生き方とは、どんな生き方なん

      だろうか? −

     

    その答えは、僕ごときには分からない。

    でも、芭蕉的は、「自民党的」であり「リベラル的」であ

    り、「浄土真宗的」だ。ザックリ云えば。

     

    決して、ラディカルな保守でも、左翼でもない。

    ならば、日本の文化は芭蕉が破壊したのではなく、芭蕉が

    創り上げたのではないか。それが大多数の日本人の、心の

    内だったんじゃないか。

     

    僕は学術的に興味がある訳じゃない。

    意識ね。誰もが持ってる空気感と云うか、常識と云うか、

    世の中をどう見ているかの、見方ね。

     

    なんでクドクド書いてるかと云うと、その「見方」こそが、

    それこそが「文化」だと思うからだ。

     

    「文化」がアヤフヤでは、「幸福」はもっとアヤフヤで軽

    いものになる。これでは国は崩壊する。僕はこの国の一番

    の弱点は、「文化」がアヤフヤなことだと思っている。

     

    「芸能」と「芸術」の区別はあるんだろうか?

    一つの仮説がある。

    「芸術」の母体は「芸能」だとの説。

    唱えたのは僕だけど、ウヒヒヒ。

     

    ビートルズは海外ではクラシックと呼ばれる。

    ストーンズも、バーズも、デッドも。

    そして今や、ビートルズを芸能と思う者はいない。

    ビートルズは、まがうことなく「芸術」だ。

     

    ー 現在、クラシックと呼ばれるオペラを中心とした

      音楽は、かって「芸能」だったのか −

     

    ここが肝心なとこだ。

    答えは簡単。

    まごうことなく、それらは「芸能」だった。

     

    たとえパトロンがいようと、宮廷音楽と呼ばれようと。

    日本に置き換えれば、オペラは能であり、大衆的には歌舞

    伎だ。

     

    最初から、「芸術」なんてものは存在しない。

    大衆が発見し、大衆が育て、大衆が認めて初めて「芸術」

    として認知される。

     

    ピアノを弾こうが、バイオリンを奏でようが、のっけから

    芸術だと、思ってはいけない。

    美術も同じ。

    美術学校出たからって、なんぼのものでもない。

    「芸術」と「芸術大学」は、関係ありそうで関係はない。

     

    ー こう考えてくれば、松尾芭蕉は立派に芸術家

      だよなー  −

     

    マッカーサーが能をぶち壊して、日本の伝統芸能は一番大

    切な基盤を失なった。

    ラッキーに歌舞伎が生き残り、「私たちは梨園です」なん

    て、偉そうにでかい口叩くから、僕のようなへそ曲がりは

    大嫌いなんだけど。

     

    ロックは、くれぐれも、芸能ですから。

    意地悪く現実を歌ったり、茶化したり、エロくしたり、そ

    れでいいんです。

     

    ー そうですよー、忘れんといてねー! −

     

    もちろん、「受け」んと話になりません。

    「受け」てなんぼです。

    「ゲスな乙女」でも「豆柴の大群」でも、「めんたんぴん」

    でも、なんでも構いません。

    「受け」ましょう!

    そのために頑張りましょうね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:06 | comments(0) | - | - | - |