RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 豆柴の大群? | main | ゴーン・ゴーン・ゴーン >>
お前だけの州をつくろうぜ!
0

    12月28日    曇り   起床6時

     

    昼食    8番生らーめん

     

    雪になりそうでならない。

    まだ今年、雪を見ていない。

    雪は嫌だけど、心のどこかで雪を待っている。

     

    12月もここまでくると、昨日誰と何時まで飲んでいた

    かなんて記憶は、表層雪崩のように滑り落ちている。

    その日によって時間は、伸びたり縮んだりする。


    地方自治体を無視すれば、小松は「石川南州」の首都だ。

    どうせ、僕が生きてる間に地方分権は無理。ならば、幻

    想の分権を実行するしかないじゃないか。

     

    気に入った「州名」を考え、勝手に名乗ろう。

    「石川南州」を「サウス・バージシア州」と呼ぶのも良

    い。「石川」なんて、「賽の河原」みたいな名前は好き

    じゃない。68年生きても好きになれなかった。

     

    ここんとこはラディカルに。

    国や地方自治体に遠慮する理由はひとつも無い。

    あくまで幻想だから。

     

    政治家の悪口をどれだけ並べても埒が無い。

    欲求不満は自分で解決しよう。

    基本的にだけど。

    もっと馬鹿やってもいいんじゃないの!

     

    特に。

    60歳以上の動きが、全く見えない。

    団塊の世代は霧の中だけど、ロック世代も同じく霧に

    覆われている。

     

    町田町蔵君が、禁酒本を出したとか。

    NHKラジオで高橋源一郎君が紹介した。

    それが、今年唯一の、ロック世代の動きだったかも。

     

    政治家も駄目、作家も低エネルギーでは、いよいよ「消

    滅日本」じゃないか!

     

    やはり、日本のロックがせり出してこんと!

    勘違いでも、大間違いでも、関係ない。

    人間のやることなど、99パーは間違いだから。

    幻想や、幻覚を信じ込んだ馬鹿が、もっともっと出てこ

    ないと、全然面白くない。

     

    あのね、若い女買ったり、不倫したりね。

    それは幻想じゃないから。それは安物の現実だから。

    前澤君は現実に、売れっ子のアイドル抱いてたんだから。

    なのに買ってたら、笑われるでしょう。

    カッコ悪いでしょう。

     

    どこの馬の骨とも分からん女を。

    気持と云うか、欲望は、百ほど分かるけど。

    自分を安売りしてないか。

     

    顔に出てくる。

    それ、怖いぞ!

    チープな目つきになったら、誰も近づいてこんよ。

     

    まあ、半分は自分に云ってんだけど。

    男からプライド消えたら、カスだから。

     

    ー ジャンピン・ジャック・フラッシュ イッア・ガス −

    の、カスね。空気と云うか影と云うか。

     

    日本のロックはようやく「スティッキー・フィンガー」か、

    「メインストリートのならずもの」あたりだ。

     

    日本も混とんとして来た。

    すべてがアヤフヤで、時間だけが無情に過ぎ、何処にも出

    口は見当たら無い。

     

    地下室から聴こえるおぞましい言葉。

     

      ホテル・カリフォルニアに いらっしゃい

      ここは居心地の良いところ 良い人ばかりの場所

      部屋は 一年中空いてますから

      ぜひ いらっしゃい

     

    薬物の世界と云えなくもない。

    まあ、そこにいるのはゾンビだろうな。

     

    さあ、ジャックをアンプに差し込んで、オーバードライブを

    がっちり踏んで、ザラザラにひずんだ音で、エレキを弾き倒

    そう!もしそれに負けずに歌えるなら、

     

      あなたはハード・ロッカー。

      そう呼ばれる。一番の名誉が与えられる。

      世界一のハードなロッカーに、なろうぜ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:42 | comments(0) | - | - | - |