RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ゴーン・ゴーン・ゴーン | main | 競輪より株の方が怖い。 >>
石原慎太郎のスケール
0

    1月7日    曇り    起床6時

     

    朝食    ワカメ野菜うどん

          玉子巻き

     

    元日に酒は飲んだ。

    でも息子は、風邪で喉が痛いとかで、飲まなかった。

    相手がいないと酒は飲めない。

    正月2日は、コップにビール一杯飲んでやめた。

     

    明日は病院で定期診察がある。

    それで、昨日も今日も酒は飲まない。

    年末は毎晩飲みまくったのに。

    歳が明けると様相が変わった。

     

    「腹の出てる男に喰わせる餅はねーだよー!」

    そんな訳で、伊豆では思うように餅は喰わしてもらえなか

    った。人間、長生きしても良いことは無い。

     

    タバコは吸うな!酒は飲むな!餅は喰うな!

    これに、競輪場行くな!が、加わったら。

     

    ー 自由とは? −

     

    自由とは、自分の意志で、医者の云うことに逆らうこと。

     

    「健康に?」「長生き?」、肝心の目的が抜けてるやろが。

    「何のために」これや!これが抜けてる。

     

    ー 極悪・年末・正月番組 −

     

    だいたいやな、「路線バスの旅」って、貧乏くさいやろ。

    目的地に着いたからって、ハイタッチして終わりや。

    太川やら蛭子やら、小汚い顔見たくないし。

    もう終わっていいから。

    どうしても観てしまうんやて。

     

    紅白も出てみたいけど、観るのはパスやな。

    若い奴の歌う歌詞、まあ歌ってんだから歌詞だろうな。

    抽象的過ぎまっせ!

     

    「パプリカ」がどうとかした歌も、意味が通らないし、

    若手の俳優かなんか知らんけど、器用なだけやて。

    大したことない。

     

    でも、ロック系は歌上手いなー。

    まあ、面白くはないけど。

     

    ユー・チューブ見とった方が百倍面白い。

    テレビはあかんなー。

    朝ナマも久し振りに観たけど、貧乏くさい話ばっかやし。

     

    やっぱ、石原慎太郎や。

    新幹線の中で対談集読んだけど、スケールがでかい。

    高見順と佐藤春夫は人間的に最低だとか、美濃部元知事は

    極悪非道な馬鹿で、おまけにエロ男とバッサリ。

     

    川端康成は三島由紀夫が嫌いで、付きまとわれて弱ってた

    とか、ねっ、スケールデカいでしょう!

    もう、なんもかも、自己中心。

    石原慎太郎を中心に世の中は回ってる訳で。

     

    これぐらいじゃないと面白くないから。

    優しい人だとか、紳士だとか、そんなもん関係ない!

    「我が道をゆく!」ですよ!

    世間からどう思われようが、自分を信じ切れたら、それは

    もう、神の領域です、ハイな!

     

    ニーチェがそう云ってるから、そうなんでしょ。

     

    「裕次郎より俺の方が脚は長かったんだよ」

    バンザーイ!

    こんな日本人が10人いたらなー。

     

    そもそも、日本は楽しい国なんですよ。

    それをチマチマした半端な男達がぶち壊した。

    美濃部みたいな気持ち悪いのがね。

     

    山本太郎も気味悪いなー。

    せいぜい良い人になって日本をぶち壊してください。

    「良い人ごっこ」が、この国の一番のトレンド。

    女は騙せても男は騙せんと思うけどね。

    またセクハラしてしもた。

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:46 | comments(0) | - | - | - |