RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 石原慎太郎のスケール | main | 健全はアカンぞ! >>
競輪より株の方が怖い。
0

    1月9日    曇り    起床3時

     

    朝食    丸餅二個入り中華スープ

          玉子巻き

     

    昨日は市民病院で昼食。

    正月に、まともに肉を喰ってないので「焼肉定食」

    ¥1100を注文した。

     

    これがなかなかに良かった。

    牛肉はやっぱ旨い。サラダのドレッシングもグッド。

    医師に「ダイエットしてます」、そう云った5分後に

    脂身たっぷりの牛肉喰ってる訳で。

     

    肉類は好きだけど、あまり喰わない。

    魚の方が多いかな。喰わないと死ねない、なんてもの

    は無いが、やっぱ、麺類がないと淋しい。

     

    特にうどん。

    こんなにほのぼのとした食い物は他にあるだろうか?

    好物のネギとも合う。天婦羅、牛肉、揚げ物、昆布巻

    き、何とでも合う。

     

    嗚呼、うどんみたいな人間になりたいなー。

    丸く、つるつるして、そんで腰もあって。

    まあ無理やわな、正反対や。

     

    さて。

     

    「トランプ大統領は選挙目当てで、イラン2の司令官

     を殺しました」

    NHKラジオの解説者はハンコで押したように云うが、選挙

    で勝つために何かしたらアカンの?

     

    民主主義は、選挙民の思いを実現させる仕掛けやないの?

    そやろ!大統領が誰も望まない政策に血道を上げたら、ヤ

    バイでしょうが。

     

    ー なんかね、日本の民主主義はおかしくないかい? −

     

    まずは選挙に受からないと。

    そして、国民大衆の望みを叶えるのが政治家の使命でしょ

    うが。選挙で訴えた政策の実現ね。

     

    郵政民営化は色々弊害もあったけど、小泉首相が選挙にま

    で持ち込んだ重要な政策だった。

     

    郵政民営化が良いとか、悪いとか、我々には分からない。

    だから政治家が必要だ。そんで、説得力のある意見を云っ

    た政治家を選挙で選ぶ。それが民主主義でしょ。

     

    原発問題も、温暖化問題然も。

    スエーデンの小娘の意見が正しいか、間違っているか、

    僕には分からない。

     

    「温暖化してるに決まってるやないか!」

    そりゃどう見ても温暖化してる。

    でもそれが、「二酸化炭素のせいだ」と云われると、

    そうかなー?と思う。

     

    ー カジノ -

     

    入場料が5千円以上のギャンブル場に行くのは、相当な

    金持ちか、身の程知らずのアホしかいないと思う。

    アホは何処にでもいる。

    アホに焦点を合わせて、ギャンブルを語るのはおかしい。

     

    ギャンブルは突き詰めると、丁半賭博だと云う人はいる。

    僕はそうは思わない。

    ギャンブル場は「負けを知る場所」だと思う。

     

    僕は競馬場や競輪場が好きだ。

    でも、油断をすれば負ける。

    心にスキが有れば、甘さが有れば、必ず負ける。

    競馬や競輪で、本気で勝負する人はまずいない。

     

    昔はいたのかも知れない。

    でも、3連単で、どうして勝負出来ますか。

    滅多に当たらないのに、何が勝負ですか、アホらし。

     

    僕はカジノが出来ても行かない。

    競輪で充分楽しめる。

    依存症など関係ない。

    依存症になればすぐに破綻する。

    消える。

     

    そうではなく。

    ギャンブル場が如何に楽しいかを教えた方がいい。

    行きたくなる時がいつか来ますから。

    年金もらったら。

    そう、そうなったら足が向く。

    人間はそんなもんです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:07 | comments(0) | - | - | - |