RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 競輪より株の方が怖い。 | main | 強面で行きましょう! >>
健全はアカンぞ!
0

    1月13日    雨    起床5時

     

    朝食     チャーハン

           豆腐の味噌汁

           玉子巻き

     

    ここ数日、天気は良かったが、今日は崩れた。

    僕は金曜日、土曜日、日曜日と、電車で福井競輪場

    へ通った。

     

    Hさんも、僕と同じ電車で福井に通う。

    行きは別の車両に乗るが、帰りは色んな話をしながら

    小松までの1時間を過ごす。

     

    Hさんは僕より2才年上。

    すらっとした体形、柔和に見えるが、時々見せる眼光は

    鋭く、多分、その筋の人だったんだろう。

     

    「店は女にやらしてた。3軒持ってた」

    「女に不自由したことは無い」

    「飲み代は月30万ぐらいや、昔は三倍は飲んだ」

     

    気に掛かった話はもっとあるが、推察するに、若い頃は

    バリバリだったんだろう。

     

    彼は僕を何故か先生と呼ぶ。

    まあ、意味はない。

     

    「小松から福井まで通って競輪しとるのは、もう先生

     と俺ぐらいやで」

    「そやろな、遠いもんな」

    「寒なってくると、キツいしな」

    「そうや、体がこわばってパンパンや」

     

    「昔のヤクザ者」と「年取ったロックンローラー」には

    、妙に通じ合うものが有るような、無いような。


    帰りの電車の中で、彼は缶ビールを飲み続ける。

    「3・4億は負けとるやろな」

    「自分で思う倍は負けとると云うけど」

    「そうかも知れんなー」

     

    全国の公営ギャンブル場には、僕やH氏みたいなのが大勢

    いる。そのほとんどは、今だ枯れもせず、自分を持て余し

    、エネルギーのやり場に困っている人達だ。

     

    ー 馬鹿は、決して70歳までギャンブル出来ない −

     

    荒く張ったり、自己過信したり、欲に身も心も委ねたり、

    見栄を張りまくった人は、コロコロと坂道を転がり落ちて

    ゆく。

     

    70歳過ぎても、ギャンブル場に通う人は、相当に抑制さ

    れた精神の持ち主であり、ある意味、優秀な人たちだ。

     

    ー ゴルフはやったことは無い −

     

    「暗闇」や「挫折」、「自己嫌悪」や「憐憫」のない世界

    は明るい。でも、男が夢中になる世界ではないと思う。

    何故か、ゴルフをやる人の顔は皆似ている。

     

    ー 「みのもんた」のような顔をしている −

     

    「わたくしは常識人であり、相当に収入もあり、女もひと

     りやふたりは面倒をみてやっています」

     

    そう顔に出ている。

    平面的で、安物の都会人的で、単純な物の見方しかしない

    男の顔。仕事での付き合いゴルフなら仕方ないが、およそ、

    個性的な人は、いないんじゃないか。

     

    60を過ぎて、スポーツをやり始めるのはどうなんだろう

    。それじゃ、会社に勤めていた頃と同じだ。

    全然違った世界の方が、僕は面白いと思うけど。

     

    いわゆる、健全なものはアカンね。

    それはアカン。単なる「多数派」なだけだ。

    「エロ・グロ・ナンセンス」じゃないと、心は喜ばない。

     

    ー 或いは「女」、或いは「ギャンブル」、或いは

      「政治家」も良い  −

     

    「田舎暮らし」なんてどこが面白いの?

    「都会」と「田舎」なんて分け方はアブナイ。

    住むなら「ホテル」が一番。

     

    さてと。

     

    第三レースが終わった。

    腹が減って来た。

    食堂のガラス箱にオカズが入れてある。

     

    「うーーーん」

    オカズはどれも300円。

    僕は「メンチカツ」と「シャケ焼き」を選ぶ。

     

    カウンターにオカズを置くと、80越した小柄なオバチャ

    ンが飛んでくる。

    「ありがとね」

    「ご飯は普通のやつね」

    「はい」

    オバチャンはご飯をよそいに行く。

     

    「全部で870円やけど、ごめんね」

    「マヨネーズ持ってきて」

    「はい」

     

    福井は不思議に「ご飯」の値段が高い。

    食堂の「ご飯」は270円する。

    でも、僕の狙いは、実はこの「ご飯」。

     

    丼で出て来た奴にムシャブリつく。

    バクバク喰う。ムチャクチャ旨い!

    大きな釜で炊いた「ご飯」は、格別に、旨い!

     

    午後1時までなら「朝定食」がある。

    「ご飯・小」に「トン汁」「好きなおでん一品」が付い

    て550円。これも良い。

     

    オバチャンが作ったオカズに「大盛りご飯」は無敵だ。

    このオカズをチープと云うなかれ。

    このオカズには「昭和」と「家族」への愛が詰まっている。

    オバチャンはきっと、夫と家族の為に、オカズを作り続け

    て来たに違いない。

     

    それを喰わずして、何を喰うと云うのか!ボケナスが!

    何がグルメじゃ!アホンダラが!

    わしゃ、充分幸せや!

    年寄りの作った料理、ありがたく喰え!グルメ野郎!

    黙ってな、拝んで、喰うんじゃ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:34 | comments(0) | - | - | - |