RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 健全はアカンぞ! | main | 政治家よ、ゴーンを奪還や! >>
強面で行きましょう!
0

    1月14日     曇り    起床6時半

     

    朝食     キムチ雑炊&湯豆腐

     

    日本人のルーツに、古代ユダヤ人が入っている説に

    賛同する。1300年昔だから、知る由はないが。

    そんな気がする。

     

    津軽三味線の速弾き、阿波踊りのシンプルなリズム。

    これらは日本的ではない。

    日本人には、楽器を速く弾く文化は無い。

    同じく、阿波踊りのリズムでは田植えが出来ない。

     

    そもそも、もし中国文化が日本に入った主流なら、日本

    は、もっともっと中国に似ているはずだ。

    同じように、中国文化が朝鮮を経由して日本に入ったの

    なら、日本と朝鮮の文化は、もっと似ていなければおか

    しい。

     

    或る中国人が云った。

    「初めて韓国に行ったとき、あまりに中国と似ているので

     驚いた」

    朝鮮は中国の「小中華」、いわゆる衛星国だったのだから、

    当たり前だ。

     

    いまだに韓国は中国に頭が上がらない。

    日本も米国に頭が上がらないが、それは国を守ってもらっ

    てるからで、韓国は守ってもらっても無いのに、中国に卑

    屈だ。

     

    国と国との間には、色んな出来事、歴史があったのだから

    、それが今も影響しておかしくはないが。

    関係なしにおかしいのは日本だ。

     

    近衛文麿を持ち出すまでもなく、日本人はどうも自国に自

    信が持てないみたいだ。真珠湾開戦の日に「敗北を祝って

    」仲間と一杯飲むなんて、かなりイビツだ。

     

    この、いわれのない卑屈さと歪さは、今も続く。

    中国に弱い。韓国に弱い。欧米には徹底的に弱い。

    少しはトランプ大統領を見習ったらと思う。

     

    野党が信用できないのも同じ理由。

    多分、どの国に対しても対等な口をきけないだろう。

    特に中国にはひれ伏すんじゃないか。

     

    リベラルが大好きなスエーデンも実は駄目な国だ。

    現在も移民を入れ過ぎて犯罪大国だが。

    首都ストックホルムは、ヘニング・マンケルのミステリを

    読めば、ロス並みにヤバイ。

     

    世界に対して、何のコンプレックスも抱いていない作家は

    小林秀雄と、石原慎太郎のふたりじゃないかな。

    なんて思うなー。

     

    劣等感はやっぱり才能を殺す。

    どんな分野でもね。

    戦後の日本は、劣等感の歴史だ。

    それらが従軍慰安婦問題や、徴用工問題を生み育てた。

     

    ギャンブル場で、劣等感にサイナマレたら、命を失くす。

    「俺にはバク才も運もない」

    なんて思った日には、スッカラカンだ。

     

    完全に終わる。

    弱気になった途端、ほんと不思議だけど「運」が一目散

    で逃げる。いやー、群れになって逃げる。

    何をしても負ける。「運」に逃げられたら、人間、終わり

    だ。ジ・エンド。

     

    カラ元気で良い。

    常に強気で。

    強気こそが「運」を繋ぎ止める。

    これ、間違いない。

    強気で行きましょう!運が向いてくるかもよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:39 | comments(0) | - | - | - |