RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 冬は哲学的に行こう | main | ウナギは淡水魚、あなたの嫌いな。 >>
ルールは変わらない
0

    1月21日    曇り    起床7時

     

    朝食    ネギ山盛り・肉うどん

     

    昨日は金沢・大和の紀伊国屋書店で本を数冊

    購入。

     

    ミステリの年間ベストを発表した雑誌と、アガサの

    ポアロ・シリーズをまずは購入。

    新刊「つくられた最長政権」石井一著。

    実はこれが読みたかった。

     

    美術関係の本は欲しかったが来週に。

    年寄りが普段、何を喰えばいいかを、男女別に書かれ

    た本も面白そうなので買った。

     

    紀伊国屋は大和7階。

    紳士服売り場は5階。

    5階に寄った日には、必ず服を買いそうなので、地下一階

    に行き、夕食の弁当を買った。

     

    波乱なく、財布の紐も緩まず、買い物は無事終了。

     

    僕の教室「ロック入門」は、このところ、「メンタンピン」

    を歌う会に変って来た。

     

      「いつだってお前は」

      「この腕の中に」

      「ジンを一杯」

      「砂の中に消える」

      「きこりの唄」

      

    生徒と一緒に歌う。

    ギターを弾きたい人にはコードとリフを教える。

    僕にとっても練習になる。

     

    僕はだいたい18の頃から、ウケそうもない曲を歌って来

    た。ブルースのレコードを誰も持ってない時代に、マデ

    ィとB・Bを歌った。

     

    高校3年生で、マディとB・Bを歌ったのは、関西を抜き

    にすれば、僕ぐらいじゃないか。

     

    デッドも同じ。

    グレイトフル・デッドを知ってたり、何曲か演奏するバン

    ドはあったが、のめり込んだバンドは僕等だけだろう。

     

    デッドの前はストーンズにハマって、ほぼ全曲歌った。

    アマチュアながら、派手にストーンズをやったので、ファ

    ンも増えていたが、僕等は突然デッドに変質し、ファンは

    大いに混乱し、大いに落胆した。

     

    でも、いつの間にか、小松地区はデッドの聖地の如くに変

    貌した。僕らの後に続く者たちが多数出現し、デッドは今

    も、小松中年ロックシーンの「核」だ。

     

    「俺には先見の明がある」

    なんて、自慢してる訳じゃない。

    僕は「受ける」とか「受けない」を気にしなかった。

    それより、ステージでみんなに聴かせたかった。

     

    オリジナルを多発し、ヒットを狙うのは楽しそうだが、僕

    には向かない。みんながみんなヒット狙いでは息が詰まる。

    織田哲郎君とか、ロックからポップスの世界で成功した人

    は、そう云う才能が有った訳で。

     

    色んな活動のスタイルがあっていい。

    だから僕には、厳密に云えば、プロもアマもない。

    関係ない。

     

    ギャラをもらうからプロ、もらわないからアマ、なんて、

    発想はない。でも、そんな分け方を否定しない。

    当然、金をもらえば、責任が生じる。

     

    レット・イット・ビーが一番。

    ありのままでいいじゃない。

    変形だろうが、経済性が無かろうが、芸術性が薄かろうが、

    そんなことは問題じゃない。

     

    でも、面白くなくては駄目だ。

    なんでも良いけど、面白くなくっちゃー。

    これは、ロックも、小説も、ミステリも同じ。

    作る側は、徹底的に面白くしなければいけない。

    ハリウッドだろうが、非ハリウッドだろうが同じ。

     

    5Gだとか、6Gだとか。

    世の中はひたすら音楽に近づいてきてる。

    本物のエンターテイメントでないとね。

     

      ー 面白いものを作る −

     

    世の中がこのルールから外れることは無い。

    科学技術だけでは先頭は走れない。

    僕はそう思っている。

     

    人間を、置いてきぼりにする未来はいらない。

    そう思っていれば、時代の隅っこで生きられる。

    それで充分ですよ、それでね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:29 | comments(0) | - | - | - |