RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ルールは変わらない | main | 愛国リベラル・石井一 >>
ウナギは淡水魚、あなたの嫌いな。
0

    1月23日   小雨   起床6時

     

    朝食    牛肉と大根の煮物

          玉子巻き

          ぼた餅・一個

     

    昨日、僕は小松駅に向け、自転車を飛ばした。

    家でグズグズしてたら時間を喰い、電車に遅れそう

    だった。

     

    自転車をマッツの搬入口に置き、駅へ歩いた。

    急いだせいで出発まで10分余裕が出来た。

    「よしよし、まずはコーヒーやな」

     

    駅のセブンイレブンでホット・コーヒーとスポニチを買い、

    J・ベーカリーで「豪華サンドウイッチ」と「ハチミ

    ツ・パン」を昼飯用に買って電車に乗った。

     

    コーヒー・パックは袋の中で横たわっていた。

    「あらっ!」

    と、思ったが遅かった。

    コーヒーは全部袋の中にこぼれ、スポニチの半分を濡ら

    していた。

     

    ひとまず袋ごと捨てた。

     

    僕は何事もなかったかのように、自販機でコーヒーを再

    び買った。とても「イヤーな」気分だった。

    福井までの1時間、ただぼんやり景色を見ていた。

     

    福井駅に着き、無料バス乗り場へ急いだ。

    バスはまだ来ていなかった。

    いや、乗車口には客の姿もなかった。

     

    「やってもたー!競輪休みやないの!」

    駅の観光案内所に行った。

    「石川県から来たものですが」

     

    年増の美人が応対に出た。

    「今日、福井競輪場は休みでしょうか」

    案内の美人はパソコンを見ながら云った。

    「残念ながら、本日の場外はお休みです」

     

    確か、1月14・15日と競輪場は休みだった。

    それがあったから、やってると思い込んでしまった。

    駅のセブンイレブンで「スポニチ」と「産経」と水を買い

    、待合室で1時間つぶし、再び、1時間かけて電車で小松

    に帰った。

     

    コーヒーとスポニチをパーにした時点では、とてもイやー

    な感じだったが、競輪が休みと知ってからは、何とも思わ

    なくなった。

     

    もしあのまま競輪してたら、僕は大負けしていたはずだ。

    だから「休み」は、逆にツイてることになる。

    小松駅の時点で、昨日の僕は、かなりツイてなかった。

    あの時点で「今日はやーめた」と決断できれば良かった。

     

    さて。

     

    川や沼や池の水を抜いて魚を捕まえる「かいぼり」は、

    小学生の頃に一度体験した。

     

    母方の実家にお盆で集まった親戚の男達が総出で、用水を

    泥で二カ所ふさぎ、その間の水をポンプで抜き、魚を捕ま

    えた。

     

    その日のことは今も覚えている。

    完全に水が抜ける前に、僕は網を持って川に飛び込んだ。

    鮒やら、鯉やら、小魚が一杯獲れた。

     

    手こずったのはウナギ。

    男が三人で向かっても、ウナギはスルリと泥の中を逃げる。

    みな必死だった。

     

    「網じゃ駄目だ!バケツですくえ!」

    僕は全身泥まみれになり、大人と一緒に這いずり回った。

    ウナギは何匹か捕まえた。

     

    親戚の女たちは、その魚をワイワイ云いながら料理した。

    僕の父は雷魚の刺身を平然と喰った。

    父は完全に調子に乗っていた。

     

    続いて叔父がウナギの肝を「生」で喰った。

    「精が付くいうけど、これは生臭いわ」

    叔父のにがい顔を見て、みんな笑った。

     

    僕は庭で泥だらけの体を洗った。

    パンツは泥色に染まっていた。

    「もうそのパンツは無理やわ、捨てるわ」

    母がそう云った。

     

    「かいぼり」の番組の中で、学者らしき人が、中国の魚市

    場を訪ねたシーンがあった。草魚やモクレンなど、日本で

    は食べない魚が生きたまま売られていた。

     

    「うわっ、ブラックバス売ってますよ!」

    彼は叫んだ。

    「ミミアカ亀も売ってる!ブルーギルもだ!」

     

    小説家開高健に寄れば。

     

    中国人はハタとフカヒレ以外、海の魚は喰わない。

    中国人は淡水の魚を喰うが、海の魚は生臭いと云って喰

    わない。

     

    付け加えれば。

     

    ー 中国人は、四つ脚は、机以外は全部喰う −

     

    それぐらい好奇心と食い気に満ちた人種だ。

     

    以上は常識だと思っていたが、学者先生は知ってか知らず

    か、番組内ではアカミミとブラックバスに驚いていた。

     

    ー では何故、今の日本人は淡水魚を喰わないのか −

     

    ここですよここ。

     

    日本人は淡水魚を生臭いと云う。

    まあ、これは僕から見れば出鱈目だ。

    海の魚の方が百倍生臭い。

     

    そしてこれからが肝心。

    海の魚は値段が高い。

     

    ノルウェーから輸入したサバや、南米で養殖してるサケ、

    ベトナムやら東南アジアからのエビ、世界中から買ってる

    マグロ。中国などからのウナギの稚魚。

     

    どうです!

     

    なんでこんなに金をかけて、海の魚を喰いつくそうとする

    のか!日本人は頭が病気でしょうか?

     

    淡水魚は川や湖にウジャウジャいる。

    小松で仕事してる中国人は、梯川で釣ったコイを喰ってる。

    なのに、日本人は、それらが生臭いと云って喰わない。

     

    淡水魚をバリバリ喰ってる人はみな元気だ。

    中国人も、ベトナム人も、ビルマ人も、なんもかも。

    昔は、僕の子供の頃は、日本人も淡水魚を沢山食べた。

     

    正月が近くなれば、鮒は刺身で、何処の家でも喰った。

    雑魚と豆の煮たのはしょっちゅう喰った。

    僕は可哀そうで喰わないけど、ウナギの栄養は半端じゃな

    い。そうです。淡水魚は栄養価がメチャ高い。

     

    なのに、日本人は淡水魚を生臭いと云って喰わない。

    いや、どこかで大きく間違った。

    世界中に金をばら撒いて、栄養価の低い魚ばかりを喰う。

     

    中国人はエライ。

    淡水魚喰ってるから元気一杯だ。

    それに比べて、海の魚ばかり食ってる日本人はひ弱だ。

    この差はでかい。

     

    日本人は美食家?

    アホな!マグロばかり喰ってる「歯抜け民族」ですよ。

    趣味の悪い「喰いっちぶ」民族。

    北陸新幹線と同じ。予算がべらぼうに掛かるから造る

    訳で。

     

    「金食い虫」に魅入られてる。

    ソロソロ、意味のない事やる余裕も無くなるか。

    それまでは、「金食い虫日本」は走り続ける。

    蒸気の代わりに金を撒き散らして。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:37 | comments(0) | - | - | - |