RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ウナギは淡水魚、あなたの嫌いな。 | main | カリントウとペニシリン >>
愛国リベラル・石井一
0

    1月26日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    回鍋肉

          スープ

          トースト

     

    確実に朝は寒くなってる。

    それでもまだセーターはいらない。

    たっぷり着こみ自転車でマッツへ。

     

    ー 中国が団体旅行を中止 −

     

    日本の観光業は大打撃を受ける。

    でもまあ、背に腹は代えられない。

    感染のスピードがえらい早い。

     

    ー 石井一著「つくられた長期政権」読了 −

     

    彼は本の中で自身を「戦犯」と呼ぶ。

    彼が中心となって改革した現在の選挙制度、小選挙区と比

    例代表を並立した制度は、欠陥を抱えている。

     

    そもそも、このままでは、二つの選挙制度が、同時に施行

    されているに等しい。

     

    小選挙区で落選した議員が、比例で復活したり、小選挙区

    は自民候補を書き、比例は公明党と書く、異常な事態を引

    き起こしている。

     

    石井氏はそれを悔い、自身を戦犯と呼ぶ。

     

    何よりも弱点に付けいったのは公明党。創価学会の池田大

    作氏の証人喚問を阻止したいがために、本意ではない自公

    政権を今も守り続けていることを、彼は批判する。

     

    ー このままでは、日本の政治を動かしているのは池田

      大作になる −

     

    石井一は今も政治改革が必要だと説く。創価学会と刺し

    違える覚悟を持っているように見える。

    彼は自信の立場を「保守リベラル」と語る。

     

    僕から見れば、かなり左に寄った政治家だが、今の国会

    議員に、彼ほどの闘士がいるか?一本筋を通す人はいる

    だろうか?

     

    小選挙区で300名、比例で200名。

    これ、完全に狂ってる。

    衆議院は小選挙区のみ。参議院は比例代表のみ。

    石井氏はそう提言している。

     

    「花見の会」を同じように、衆議院と参議院で審議する。

    これもまた異常。選挙方法も、審議の仕方も、まったく

    同じ二院で?

     

    同じなら、なんで二院必要なの?理解不能ですわ。

     

    やっぱね、日本にはストーンズいなかったからね。

    まあ、ビートルズもおらんかったけど。

    だから古いんだろうね。


    理想的な壊れ方してる面白そうなロッカー達は、簡単に文

    壇に移ったから。まあ、ロックでは喰えんから。

    さりとて、文壇で喰えるようになって、ロックに戻る者は

    おらんしね。


    小松の街をぶつくさ云いながら自転車で走ってます。

    18の頃とまったく変わらない。

    これもこれで一本筋入っとるかも。

    「アホで〜す」と云う筋ね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:25 | comments(0) | - | - | - |