RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 石炭を喰うだけ喰った機関車のごと | main | 誰も敗北していなかった、昭和。 >>
ロックと云う人類史
0

    1月30日   雨   起床7時

     

    朝食     丸餅一個入り胡麻スープ

           酢だこ&大根おろし

           玉子巻き

     

    久し振りにシャワーを浴びる。

    まあ、一週間ぶりかな。

    僕の場合、頭と髭を剃ったついでに体をお湯で拭い

    ているので、ご心配なく。

     

    米国と英国の感染病機関の試算によると、感染者は25

    万人は行くだろうとのこと。

     

    武漢の病院が25万人を収容できるはずもなく、ほとんど

    は、手当もされず路上に放置される。

    それでは正に、100年前のスペイン風邪流行時と同じ。

     

    手当されなければ感染者は死ぬわけで。

    これはもう終息を神に祈るしかない。

     

    こんな時に参院では「桜を見る会」をまだやっている。

    野党議員は「政権奪取的ポーズ」を取る病気に感染してい

    るんじゃないか。

     

    ー 或る風刺漫画 −

     

    日本列島は中国と北朝鮮に攻撃され、無人の廃墟の島にな

    った。そのど真ん中に、ボロボロの旗が一本立っている。

    そこには「憲法9条改正絶対反対」と書いてある。

     

    この漫画は忘れられない。

    僕は将来の日本の姿だと思った。

    戦前までの歴史と、戦後を分断する歴史観は、他国にとっ

    ては、棚から黄金の餅が落ちて来たようなもの。

     

    歴史をぽきんとへし折って、戦前は暗黒、戦後は明るい民

    主主義、なんて思わされて、僕等はそれを受け入れ、東条

    英機よりもマッカーサーを信じた。

     

    お目出度いとはこのこと。

    これをアホと云わずして、何をアホと云うんだろう。

     

    今になって、東条が米国との開戦を全く望んでいなかった

    なんて知らされても、「アホ踊り」を踊り続けている反日

    左翼も、愛国保守も、そらもう、取り返しはつかん訳で。

     

    「近衛は信用できないが、東条は信用できる」

    そうおっしゃった昭和天皇の思いは、何故隠されてきたの

    か?なんとも、言いようがない。

     

    大間違いの歴史を、ずっぽり信じている朝鮮人を誰が笑え

    る。実は日本人もそれ以上に、出鱈目を信じて来た訳で。

    なんかもう、極東地域は似たり寄ったり。

    ヨタを信じ込む名人ぞろいと来てる。

     

    ー お前もアホ、俺もアホ −

     

    これが「一人踊り」なら小説の題名になるが、集団ヨタ踊り

    じゃ気持ち悪い。

    昭和天皇の発言メモが出て来たあたりから、僕は予感はあっ

    た。「こりゃ、底からひっくりかえるぞ!」

     

    100年ぐらいじゃ人間は変わらない。

    ほぼ100年前のアガサ・クリスティが全く古く思わない。

    人間の心の内は、こんな感じであと100年は続く。

    科学がどれだけ発展しようと、ビートルズを上回る曲は作れ

    ない。

     

    ビートルズで目を覚まし、ストーンズに共感を覚え、デッド

    で人類の未来を信じた。

    なんとラッキーなことよ!これ以上の豊穣はありえない。

    僕等は幸せな世代。

    これは間違いない!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:24 | comments(0) | - | - | - |