RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックと云う人類史 | main | 我ら日本のロックのイシズエなり >>
誰も敗北していなかった、昭和。
0

    2月3日    曇り    起床5時半

     

    朝食    豚ロース・ソテー

          肉うどん

          玉子巻き

     

    豚ロース肉と牛コマが冷蔵庫に残っていたので、すぐに

    調理。モノを腐らせるくらいなら、太ってもいいから喰

    う。

     

    ついでに、お隣からもらった巨大な白菜を切り分ける。

     

    ロース肉を焼いてるフライパンに、白菜をどっさり放り込

    む。肉と白菜目がけて日本酒を振りまく。蓋をして蒸し焼

    きにする。

     

    これだと白菜にも火が通り、少し醤油を垂らすとけっこう

    旨い。肉うどんにも白菜を入れ、同じくお隣からもらった

    長ネギを、仕上がる直前、大量に鍋に放り込む。

     

    生活改善の担当医は「痩せたいなら、晩ご飯を朝に喰い、

    晩ご飯は朝食風に軽くしてみては」と、提案があった。

    「なるほど」と思い実践している。

     

    ー そして、あらゆる間食をやめた −

     

    芋ケンピも、沖縄黒砂糖のカリントウも、柿ピーも、

    アンパンも、揚げツイストも、バウムクーヘンも、

    名残り惜しいがサヨナラした。

     

    これでひと月、頑張ってみる。

     

    昨日は夕方に打合せが有った。

    それまでヒマなので、電車に飛び乗り福井市へ。

    「高松競輪・玉藻杯争覇戦G掘廚虜能日だ。

     

    打合せが気になって今一つレースにのめり込めない。

    第四レースの前に食堂へ。

     

    ガラスケースの中のオカズは、和物しか残っていなかっ

    た。ブリの煮つけ、厚揚げと野菜の煮物に、ご飯は小を

    注文。このブリが滅茶苦茶イケた。

     

    旨味で歯茎がキシキシ云う。

    子供の頃の味だ。

    寒ブリはこうでなくちゃいけない。

     

    さてメインレース。

    初日から三連勝してる松浦悠士(29歳)が人気。

    G靴らいなら楽勝だろう。

     

    松浦から彼の後ろにつける村上博幸の3−7が2車単で

    400円。裏の7−3が890円。

     

    僕は穴狙いなので松浦のラインは買わない。

     

    ピークを過ぎた村上(40歳)では、松浦の追走はキツイ。

    案の定、レースで村上は、直線に入る前に脱落した。

    1着松浦悠士、2着中川誠一郎、3着は和田健太郎と入り、

    3連単は比較的収まり、4610円。

     

    松浦は大楽勝だった。

    なかなかに可愛い顔で、今年は大いに飛躍するだろう。

    僕は3着に入った和田から買っていたのでハズレ。

     

    本命を買う度胸がまだまだ足りない。

    穴は誰でも買える。

    本命にドカンが出来ない。

     

    福井からは特急「しらさぎ号」に乗った。

    これでないと時間に間に合わなかった。

     

    車窓からの加賀平野はとてもきれいだった。

    雲は幾重にも重なり合い、色とりどりの雲の帯は水平に

    空を埋めた。

     

    地上の緑も、山々の青い影も、冬とは思えない色彩を放っ

    ていた。美しい加賀平野はいつか、愛しいララミー牧場へ

    と僕を誘った。

     

    「ララミー牧場」を、家族全員で観ていた。

    祖父も、祖母も、父も、母も、妹も。

    夕食を家族で食べたあの日が帰らないものか。

     

    貧しさは、なんの苦でもなかった。

    あの頃、家族が欠けていくなぞ、思いもしなかった。

    あの食卓は帰って来ないのか。

    電球の下の、神への祈りのような、食卓。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:09 | comments(0) | - | - | - |